SCANIA World Wide

SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは

前回、パリ市内のグランパレで行われた新型車のお披露目会についてのレポートをお届けしましたが、実はそのお披露目会の日の午前中、パリの『SCANIA(スカニア)』ディーラーを訪ねていたのでした。

より正確にいうなら、パリ郊外の北東部。シャルル・ド・ゴール空港のすぐ南、ミトリィ・モリィにあるスカニア・イル・ド・フランスの旗艦店であり、スカニア・フランスのメイン・ディーラーとも呼べる重要な拠点です。

SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは

パリの中心部からクルマで移動すること1時間弱。到着して車外に出て、いきなり驚かされたのは、その敷地の広大さでした。おそらく東京ドームひとつ分は軽く超える広がりで、中央部にセールスのための建物と、それに併設されたファクトリーがあり、そこをグルリと取り囲むようにして整備や納車を待つトラックやバスが50台近く並べられています。

SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは

セールス・ディヴィジョンに足を踏み入れてみると、フロアの一画、それも入り口からすぐの決して小さくないスペースがマーチャンダイズのブティックになっていました。アパレルやモデルカーはいうに及ばず、ベルトやカフスやキーホルダー、スマホケースやUSBメモリーのようなものまで、多種多様な商品が展示販売されています。ブランドそのものにファンの多い、スカニアならではのスペースといえるでしょう。

SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは

このミトリィ・モリィ店のファクトリーは、車体のリペアやカスタマイズ、パワートレーンの重整備を含めたメンテナンスまでを行うことのできる設備と技術、スタッフが揃っています。セールス・ディヴィジョンとオフィスを兼ねた建物に併設されているファクトリーのスペースは、標準的な学校の体育館2つから3つ分ほどの広さ、といったところでしょうか。単にスペースが広いだけでなく、内部は作業効率を追求したレイアウトにされていました。大きな塗装ブースに並んでエクステリアやインテリアなど車体関連を手掛けるエリアがあり、その隣にはエンジンやトランスミッションを分解しオーバーホールできる整備エリアがあり、さらにその隣には30mはあろうかと思われるレーンが並行して3本区切られ、そこでは最も作業頻度の高い駆動系やサスペンション周辺を含めた下回りからの作業が行われる、といった具合。

SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは

車体エリアでは、美しく塗装が仕上がったばかりの1台がカスタマイズを受けていました。サイドにはグリフィンが大きく描かれ、キャビンの後ろ側にはスカニア・ヴァビス時代の紋章をダイナミックにアレンジしたイラストが大きくあしらわれ、フロントには灯火類が追加されるなど、その姿はなかなかの勇姿。日本では法的な問題が細かく存在してできることに限りがありますが、こうしたカスタマイズをディーラーで施してもらえるのが、とても羨ましく感じられました。

SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは

下回りのレーンも、なかなか興味深かったです。イエローのゼブラゾーンがドライブスルー式の作業レーンで、メカニック達が前後両端の階段から下に降りて作業をするわけですが、そのトンネルの内部には作業をするための照明が整然と並び、また作業に必要なツールが必要な分だけ用意されているなど、ありそうであまりない作業の効率化を図るための工夫があちこちに見られました。中にはローラー・テストができるレーンもあったほどです。

こちらはスカニア・フランスの直轄ということもあり、スカニア・フランスでプリセールス・サポートとホモロゲーションを担当するマーク・バフェノワさんが色々と説明をしてくださいました。バフェノワさんによれば、ここはスカニア・イル・ド・フランスのパリ周辺の3つのサービス・ファクトリーのひとつであり、その3つで年間4000台ほどの入庫車両をまかなっているのだそうです。

せっかくなので、バフェノワさんにフランスにおけるスカニアの活動などについて訊ねてみました。

SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは

──スカニアは古くからフランスに導入されていたのですか?

1960年代から導入されていましたが、スカニア・フランスができたのは1972年です。以来、トラックはもちろん、バスやコーチのディストリビューション、それにマリン用と産業用のエンジンのサービスも行っています。現在トータルで、フランス国内には100を超えるサービス拠点があります。またスカニア・フランスは、スカニアにとっての3番目のアセンブリー工場も運営していて、1日あたり60〜70台の生産キャパシティがあります。

──フランス国内におけるスカニアのシェアはどれくらいですか?

フランスのマーケットはリーマンショックの影響で一時的に大きく下がりましたけれど、現在、トラックではおよそ40000台の市場があります。私達の競争相手は全てヨーロッパのメーカーになりますが、その中にあってスカニアは少しずつシェアを伸ばしています。最初の段階では10%を目指していたのですが、今はその段階を超えて12%近くまで伸びました。確実に成長を続けています。

──その要因は何なのでしょう?

まずはフランスにおけるユーロ6規制(※)に対応した車両の第一人者だから、という点が大きいと思います。そのうえで250馬力から730馬力の幅広いV8エンジンのラインナップを持ち、重量物や木材などの運搬を含めた様々なアプリケーションを用意できる。スカニアはヨーロッパにおいて他ブランドよりもプレミアムブランドとしての位置づけですが、品質への信頼性が高く、燃費もいいのでランニングコストも抑えられる。フランスではその点はものすごく重要視されます。

そしてさらに燃費を向上させるために、メンテナンスやレクチャー、ドライバーのトレーニングなどをパッケージにして提供する活動なども行っています。その辺りもお客様に評価していただけているのではないかと思います。アパレルライン、SCANIA TRUCK GEARなどのスカニアのマーチャンダイズは世界的に好評をいただいていますが、フランスにおいてもしっかりした売り上げを上げています。スカニアのドライバーにはスカニアを駆ることにプライドを持ってくださる方が多いのですが、フランスにおいてもそれは同じ、という証だと思っています。

※ヨーロッパ連合(EU)の大気汚染物質の排出規制値を定めた規定

──スカニア・フランスとして、他と異なる特徴的な部分はありますか?

フランスだけというわけではありませんが、ディーゼル燃料の代替として天然ガス用パワーユニットへの取り組みは真剣ですね。パリではディーゼル車の乗り入れが禁止される方向なので、代替燃料で走るクルマが重要になります。スカニアは天然ガスでもすでに280psから340psを確保して実用化していて、2017年に向けてさらにパワフルな天然ガス用ユニットを開発しています。これはフランスだけに限ったことではなく、いずれ世界中の国々で同様の問題に直面することが予想されます。スカニアが天然ガス用ユニットの開発において先進的であることが誇らしいですね。

SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは

スカニア・フランスができて45年。日本と較べれば歴史が古く、そのぶんシェアも広げていれば、進歩的なところも見受けられました。そしてスカニア・ジャパンも誕生してまだ数年ではあるけれど、シェアは確実に伸ばしているようです。また2017年には、ユーザーやファンが喜ばしい気持ちになるような計画が、いくつか用意されている模様です。もちろん国として抱えている事情も異なれば国民性も異なるから全く同じ道筋をなぞるわけではないでしょうけれど、これからの日本におけるスカニアの針路にこれまで以上に想いを馳せたくなった訪問でした。

そしてバフェノワさんの「スカニアのドライバーにはスカニアを駆ることにプライドを持ってくださる方が多い」という言葉。きっとそれは万国共通なのだな、と感じられたのも大きな収穫でした。

SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは
SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは
SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは
SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは
SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは
SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは
SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは

Text:嶋田 智之

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

タンクトレーラー用スカニアが拓く、北海道の新たな石油製品輸送 〜北海道エネライン株式会社様〜

日々の生活で必要不可欠なエネルギー。中でも、重油・ガソリン・軽油・灯油などの石油製品は、供給が止まると生活や経済に影響を及ぼすほどの重要な生活関連物資だ。札幌市に本社を置く北海道エネライン株式会社は、その大切な石油製品輸送用車両に、『SCANIA(スカニア)』を採用。親会社である北海道エネルギー株式会社の代表取締役社長 木村 信広氏、スカニアジャパン 代表取締役社長のミケル・リンネル氏も来道した納車式のレポートとともに、北海道エネラインの皆様のお話をご紹介します。

CUSTOMER

【新年のご挨拶】難局面でも挑戦を続けたスカニアと、日本で開花しつつある「サステナビリティ」〜スカニアジャパン 代表取締役社長 ミケル・リンネル氏インタビュー〜

【新年のご挨拶】新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、これまでとはまったく違う年になった2020年。スカニアジャパンにおいても、2019年に全国を縦断して、『SCANIA(スカニア)』製品の良さを多くのユーザーに伝えたイベント「スカニアキャラバン」のような、積極的なプロモーション展開が難しくなりました。しかしその中でも、スカニアジャパンの歩みは止まることはなく、スカニア製品の日本市場での活躍が、さらに見られるようになりました。そんな激動の2020年と、明るい兆しに期待する2021年について、様々な視点からミケル・リンネル氏にお話を伺いました。

Scania Japan

安全な石油製品輸送に貢献する、日本初のタンクトレーラー用スカニア 〜株式会社コーエイ様〜

日常で何気なく使っているガソリン・軽油・灯油などの石油製品。生活していく上で、電気・水道・ガスと並んで、なくてはならない存在なのは言うまでもない。今回は、石油を運ぶのに不可欠なタンクトレーラー牽引用トラクターとして日本で初めて『SCANIA(スカニア)』を導入し、現在では6台のスカニアを持つ株式会社コーエイを訪れ、お話を伺った。

CUSTOMER

Try & Action!――スカニアが運ぶ未来への想い 〜株式会社カネヨシ〜

「スカニアの美点」である高出力・優れた燃費・乗り心地の良さ・快適性を武器に、日本国内でも着実にその台数を増やしている『SCANIA(スカニア)』のリジッドトラック。今回取材に訪れた、愛知県みよし市に本社を構える総合物流企業・株式会社カネヨシもスカニアリジッドトラックを3台運用する。同社で保有する約100台のトラックの中でも、3台のスカニアには特別な塗装を施すなど、スカニア愛に溢れる同社のみなさんに話を伺った。

CUSTOMER

重量物輸送で「スカニアだからこそできること」〜世新建設運輸株式会社〜

「スカニアでなければならない」と数多くの採用企業から大きな支持を得ている『SCANIA(スカニア)』のトラクター。今回取材に訪れた、神奈川県横浜市泉区に本社を構える世新(せいしん)建設運輸株式会社も、スカニア製トラクター導入企業のひとつである。渋谷駅前に保存展示してあった「東急5000系(初代。愛称:青ガエル)」を、「忠犬ハチ公」でゆかりのある秋田県大館市に運ぶ大役も引き受けた同社のみなさんに話を伺った。

CUSTOMER

スカニアが与えてくれた、企業発展に必要な「誇り」と「次へのステップ」〜富山県初のスカニアディーラー、ワタヤテクノトラスト様〜

『SCANIA(スカニア)』は、大型トラック、バス、産業用エンジンメーカーで、全国各地に34店舗(販売ディーラー12店舗含む)を構えており、サービスネットワークを着実に増加させている。その中で、2020年誕生の最新ディーラーが、富山県富山市のワタヤテクノトラスト株式会社だ。北陸エリアとしては2拠点目、富山県では初のスカニアディーラーとなった。今回は9月末に行われた、スカニア展示会のレポートとともにワタヤテクノトラスト株式会社のみなさんに話を伺った。

Dealer