SCANIA World Wide

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

9月22日からドイツのハノーファーで開催されたIAA(Internationale Automobil-Ausstellung)の商用車ショーで、『SCANIA(スカニア)』にとっては21年ぶりとなるトラックのニュー・モデルが正式に発表となりました。新しいシリーズである『Sシリーズ』と、2004年にデビューし、日本にも導入されている『Rシリーズ』のフルモデルチェンジ版です。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

10年もの歳月をかけて研究開発を進めてきたというスカニアのニュー・モデルの登場は、ヨーロッパの輸送産業界やトラック・ファンの間で大きな話題となりましたが、実はそれに先駆けること1ヶ月ほど前、フランスのパリでお披露目が行われていたのでした。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

会場となったのは、1900年のパリ万国博覧会のために建造された歴史的なパビリオン、グランパレ。8月23日の夕方、会場へと集まったのは、1000人を超える世界各国の関係者やお客様達。広大な建物の中は受付エリア、レセプション・パーティの会場、メインとなるプレゼンテーション会場と3つに区分されていました。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

プレゼンテーション会場の正面中央にはステージが設えられており、会場の両袖にはこの日にお披露目されるモデルとテクノロジーに関する展示のためのスペースが分厚いカーテンで仕切られてあり、プレゼンテーションが終わるまでは隠されているという演出。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

そして至るところに「DRIVING THE SHIFT」「NEXT GENERATION SCANIA IS HERE」の文字が見られます。これを境にスカニアは変わっていく、という明確な意志が会場にいるだけでも伝わってきます。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

アペリティフとともにスカニアを愛する人同士が会話や再会を楽しむレセプション・パーティで夕暮れ前のひとときを過ごし、いよいよ待ちに待ったプレゼンテーションがスタートしました。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

オープニングとしてスカニアの125年にわたる歴史が映像や写真とともにエモーショナルに紹介された後、次に登壇したのはサプライズ・ゲストの元国連事務総長、コフィ・アナン氏。サスティナビリティ、つまり環境保全のための社会的責任を継続的に考えていくことの重要さを説かれます。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

続いてスカニアの社長であるヘンリック・ヘンリックソン氏がステージに上がり、環境保全のための社会的責任と企業としての利益は両立することができると宣言。通信ネットワークを通じて常に20万台以上のスカニアの走行データをリアルタイムに集めて研究開発に活かし、同時に集めたデータからメンテナンスの時期などに関して個々のユーザーにフィードバックしていくコネクティビリティ・システムや、代替燃料の使用やエネルギーの効率化に関する研究開発など、両立していくためのスカニアが企業として取り組んでいる現状について紹介。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

そしてステージの両サイドから1台ずつ、この日の主役であるスカニアがドラマティックに登場。会場の空気は一気に熱さを帯びていきます。ニュー・モデルに込められたテクノロジーなどに関しては、販売とマーケティングを担当するクリスチャン・レヴィン副社長が解説。「車体のエアロダイナミクスの追求やパワーユニットの改善などで燃費を5%向上させ、それは1台が年間15万km走行した場合燃料を2000リットル節約させることを意味する、だから環境保全と企業としての利益は両立させることができる」と説明します。またコネクティビリティ・システムを通じてユーザーひとりひとりの実際の走行データを基にした燃費の改善案をフィードバックしていくこと、ECO運転のトレーニング方法を伝えていくことなどを実行していくこともアナウンスしました。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

プレゼンテーションが終了すると、会場の両袖のカーテンが開かれ、いよいよニュー・モデルと技術展示が間近で見られる時間に入りました。それまで落ち着きはらっていたような大人達が、波のように新しい『Sシリーズ』や『Rシリーズ』の方へと向かい、取り囲みます。あちこちでカメラのフラッシュが光ります。誰かがドアを開けてコクピットに登り込むと、たちまち順番待ちの列ができます。その列が落ち着くまで、振る舞われたワインやビールとフィンガーフードを楽しみながら、ダッシュボードやキャブのカット・モデル、エンジンやマテリアルなどの技術展示を取り囲んで、熱心に解説のプレートを読んでいる人達も多くいます。驚くほどの熱気です。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

日本から来られた何人かのお客様からのコメントも、同様でした。ニュー・モデルを見て、触れてみた感想を訊ねてみると、「いいね。一段階レベルが上がった感じですよ」「おそらく注文することになるだろうね」「日本への導入はいつになるのか・・・早く乗ってみたいですよ」とかなり好評でした。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

現時点ではまだ日本仕様がどうなるのかが確定しておらず、混乱を避けるためにニュー・モデルの詳細に関しては時期が来ましたら触れさせていただきます。。が、この日にお披露目されたニュー・モデルが、車体の作りもエンジンのパフォーマンスも居住性も・・・とあらゆる部分が従来のモデル達と異なっていることは確かです。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

日本での国内発表はおそらく2017年のうちに行われることが期待されますが、それまでの間にこちらで少しずつ情報をお届けできることになるかも知れません。どうかお楽しみに。

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート
SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

Text:嶋田 智之

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

NEW

110年の歴史を誇るスカニア製バスの歴史を振り返るVOL.01〜1911年から1960年代まで〜

『SCANIA(スカニア)』は、トラックだけでなくバスの分野でも世界有数のメーカーで、これまでに納入したバスの台数は、長距離バスだけでも17万台以上にのぼります。最近では、日本各地でもスカニア製エンジンを積んだ連節バス・路線バス・二階建てバスが活躍を始めており、その姿を目にする機会が増えています。そこで今回から2回にわたり、1911年に登場して以来、2021年で110年の歴史を誇るスカニア製バスのヒストリーを、貴重な写真とともにお送りします。

Scania’s History

「居心地がよい会社」を目指す企業が選んだ、スカニアというチョイス〜有限会社吉田商事様〜

GRIFF IN MAGAZINEでは、これまで数多くの『SCANIA(スカニア)』採用企業にインタビューを行ってきた。その際に聞くことができたのは、スカニア製品がもたらす様々なメリットである。中でも、改めて注目したいのは「スカニアの導入は、ドライバーを大切に思う証になる」という点だ。愛知県豊川市に本社を置く有限会社吉田商事も、近年ドライバーのためにスカニアを積極的に採用している企業で、2021年2月現在、トラクター3台、ウイングボディのリジッドトラックを計5台運用している。代表取締役 吉田 悟氏にスカニアを導入した経緯や理由などをお聞きした。

CUSTOMER

着々と活躍の場を増やしている、北の大地のスカニア〜株式会社武藤興業運輸様・K.DASH TRANS株式会社様〜

スウェーデンのセーデルテリエに本社を持つ、世界的なトラック・バス・産業用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。日本では、2010年に設立された日本法人のスカニアジャパンによって輸入販売が行われており、その姿を目にする機会も増えてきた。2019年2月には、「株式会社滝川自工」が北海道初のスカニアディーラーに。広大で美しい風景がどこか北欧を思わせる北海道で、続々とスカニアが走り始めている。この記事では、最近新たにスカニアを導入した道内2つの企業と、活躍するスカニアの勇姿をご紹介する。

CUSTOMER

タンクトレーラー用スカニアが拓く、北海道の新たな石油製品輸送 〜北海道エネライン株式会社様〜

日々の生活で必要不可欠なエネルギー。中でも、重油・ガソリン・軽油・灯油などの石油製品は、供給が止まると生活や経済に影響を及ぼすほどの重要な生活関連物資だ。札幌市に本社を置く北海道エネライン株式会社は、その大切な石油製品輸送用車両に、『SCANIA(スカニア)』を採用。親会社である北海道エネルギー株式会社の代表取締役社長 木村 信広氏、スカニアジャパン 代表取締役社長のミケル・リンネル氏も来道した納車式のレポートとともに、北海道エネラインの皆様のお話をご紹介します。

CUSTOMER

【新年のご挨拶】難局面でも挑戦を続けたスカニアと、日本で開花しつつある「サステナビリティ」〜スカニアジャパン 代表取締役社長 ミケル・リンネル氏インタビュー〜

【新年のご挨拶】新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、これまでとはまったく違う年になった2020年。スカニアジャパンにおいても、2019年に全国を縦断して、『SCANIA(スカニア)』製品の良さを多くのユーザーに伝えたイベント「スカニアキャラバン」のような、積極的なプロモーション展開が難しくなりました。しかしその中でも、スカニアジャパンの歩みは止まることはなく、スカニア製品の日本市場での活躍が、さらに見られるようになりました。そんな激動の2020年と、明るい兆しに期待する2021年について、様々な視点からミケル・リンネル氏にお話を伺いました。

Scania Japan

安全な石油製品輸送に貢献する、日本初のタンクトレーラー用スカニア 〜株式会社コーエイ様〜

日常で何気なく使っているガソリン・軽油・灯油などの石油製品。生活していく上で、電気・水道・ガスと並んで、なくてはならない存在なのは言うまでもない。今回は、石油を運ぶのに不可欠なタンクトレーラー牽引用トラクターとして日本で初めて『SCANIA(スカニア)』を導入し、現在では6台のスカニアを持つ株式会社コーエイを訪れ、お話を伺った。

CUSTOMER