Scania Japan

【新年のご挨拶】2020年も、スカニアはお客様のニーズに合わせた最適なソリューションを提供する 〜スカニアジャパンCEO、ミケル・リンネル氏インタビュー〜

スカニアジャパンCEO ミケル・リンネル氏、2019年の成果、そして2020年について語る

2019年の『SCANIA(スカニア)』の日本法人スカニアジャパンは、従来の輸入トラック・バスメーカーと一線を画す新しい製品を続々と市場に送り込み、数々の話題を提供してきました。トラックでは、注目の新ラインナップ「リジッドトラック」が次々とユーザーの元へと届いているほか、リジッドトラックのシャーシを利用した「日本初のスカニア活魚運搬車」など、これまで見られなかったジャンルにも採用が始まっています。バスも、日本の新しいスタンダートとなった「二階建てバス」の導入がますます進みました。そして2019年はスカニアジャパンの創立10周年。これを記念して半年にわたって行われた、日本を縦断する大イベント「Scania Caravan 2019」では、多くの人にスカニア製品を伝えることにも成功しました。

そこで、2020年最初の記事は、スカニアジャパンのCEO、ミケル・リンネル(Mikael Lindner)氏に、記念すべき1年だった2019年のまとめと、2020年の展開をお聞きすることにしました。

様々なニーズに対応するバリエーションの拡充と、スカニア製品へのポジティブな評価

スカニア主力商品のひとつ、リジッドトラック。2018年9月の発売以来、好調な販売を見せている。

──2019年は、日本各地で二階建てバスやリジッドトラックの導入がますます進んだように思います。ユーザーからはどのような評価がありましたか?

「2018年にリジッドトラックを発売しまして、2019年は販売台数が伸びた年となり、手応えを感じています。日本のトラックにおける、主力市場への製品として成功を収めたと考えています。リジッドトラックでは、今までのスカニアジャパンの代表的な製品だった『Rシリーズ』『13ℓエンジン』に加えて、『Pシリーズ』と、『9ℓエンジン』のラインナップを追加しました。Rシリーズ+13ℓ、Rシリーズ+9ℓという組み合わせや、Pシリーズも標準の9ℓ以外にも13ℓという組み合わせの選択も可能です。

それぞれの製品に関して、お客様から多数のフィードバックをいただいております。その多くは、操作性の良さ、快適性の高さなど、とてもポジティブなご感想でした。また、特に9ℓエンジンについては、燃費が良いというご評価もいただいています」

Scania Caravan 2019を振り返って

日本を縦断したスカニアキャラバンでは、各地で多くのユーザーがスカニアを体感した。

──2019年のトピックは、やはり「Scania Caravan 2019」の開催でした。このイベントは、スカニアジャパン、ディーラー、そしてユーザーのみなさんに、どんなことを与えてくれましたか?

「スカニアキャラバンは、二つの目的を持ってスタートしています。まず一つは、日本各地のお客様に、製品の試乗を通じて、スカニアの魅力を“体感”していただくこと、二つ目は、スカニアディーラーとスカニアジャパン、そしてお客様が家族のように近い関係を作るということでした。スカニアキャラバンは、この二つの目的を達成したイベントだったと感じています。

イベントには、予想以上に多くの方にお越しいただき、たくさんのお客様とつながることができました。そして、ディーラーは、スカニアディーラーとしての強い自信にもつながりました。私たちも多くのフィードバックを得ることができましたし、次のイベントに向けての改善点も把握することができ、スカニアキャラバンの開催は正しい選択であったと思います。今年も同様のイベントを開催したいと思っています」

スカニアの多様性は、どんな製品でも不変

──2019年は、活魚運搬車や消防車など、今までなかった市場にも進出していました。このほか、どんなことにチャレンジした1年だったのでしょうか?

「2019年は、いろいろなセグメントに適用・適応できるよう“アプリケーション”の種類を増やしてきました。例えば冷蔵車、クレーン車などを、国内外の架装メーカー様と一緒に開発してきました。スカニアの強みの一つは、お客様のニーズに合わせた様々な製品・サービスをご提供できる多様性です。お客様にとって一番使いやすく、最適なスペックの車両をご紹介するためにも架装メーカー様との協業はとても重要です」

日本初のスカニア活魚運搬車。リジッドトラックのシャーシを用いた、様々な架装の展開が期待される一例だ。

──なるほど! スカニアは日本では重量物運搬用トラクターなど「ニッチ」な市場で強く、ユーザーの要望に対して細かくカスタムした製品をたくさん販売してきたと思います。もっとも販売台数が多い“メインストリーム”な大型リジッドトラック市場への展開でも、完成車以外に、スカニアが得意とするカスタムメイドによるニーズに合わせた多様性が生かされているのですね。

「はい。スカニアはモジュラーシステムと豊富なオプションを用意しており、一般用途のボリュームゾーン向け車両と同じように、ごく限られた用途に合わせた特殊なカスタムメイド車両を作り上げることができます。

私たちは、全国の架装メーカー様との合同ミーティングを2017年から定期的に行なっており、現在はたくさんの架装メーカー様にご参加いただいています。スカニアが様々なニーズに合わせたアプリケーションを持つことで、何がお客様にとっての付加価値になるのかを考えなければなりません。日本市場に特化した日本の製品は高品質です。その市場の中で、お客様になぜスカニアを選んでいただけるのかという理由を私たち自身がはっきりと理解している必要があります。

スカニアは今後も付加価値の高い製品を提供していく

──2020年、スカニアジャパンはどんなことを計画していますか? また、サービスネットワークの拡充予定はありますか?

「スカニアジャパンはいま、成長への旅の途中です。そのためには、優先順位の高いものにリソースを集中させ注力することが必要です。日本市場での存在感をより増すために、スカニアがお客様にとって付加価値の高い製品を提供することを、スカニアジャパンはコミットし続けたいと思います。2019年はもっとも成功した1年になりました。2020年もこの旅を継続していきます。

サービスネットワークにつきましては、中長期的には、拠点数を増やす計画です。そのために、短期的な視点では、サービスのクオリティを向上させる必要があります。2019年も、部品供給やサービス体制強化のため、いろいろな改善にチャレンジしました。今後も質の高いサービスを継続することが重要だと考えています」

日本のトラック市場におけるスカニアの役割

──2019年はスカニアジャパン10周年でした。この間に、日本のトラック市場に与えたインパクトはとても大きかったと思います。スカニアジャパンは、これからの5年、10年に向けて、どんなプランや方向性を考えていますか?

10年前と現在を比較しますと、ビジネスを始めたばかりの10年前は日本市場の需要を理解するためにいろいろな製品を試験的に導入した時期でした。その時の経験があったからこそ、私たちは、重量物輸送用トラクターやリジッドトラックなど、日本市場に適した製品群のプラットフォームを見つけることができました。

今後も、さらにスカニアの価値を高め、お客様、社会、産業全体に貢献していきたいと思います。それは、スカニアが、イノベーションやサスティナビリティにも貢献できる存在になることを意味します。日本市場にとって重要な“パートナー”であることが大切だと考えます」

──いま、サスティナビリティというお話をいただきました。スカニアとスカニアジャパンの取り組みの中でもとくに素晴らしいのは、「持続可能な輸送手段を考える」という、これまで日本の物流業界ではあまりなじみのない、しかし、とても重要な考え方を、スカニアが継続して日本の事業者に広めようとしていることです。社会や経済の発展は必要ですが、一方では、地球規模で未来と向かい合わねばならない。いま、この瞬間にも人間がこの先もこの星に住み続けるために必要な、持続可能性=サスティナビリティの概念は、まだまだ日本には定着していないように思うのです。

「ありがとうございます。世界では、すでに地球環境の悪化や気候変動が現実の問題として起きています。私たちは、その問題から逃げ出すことはできず、すぐにでも行動を起こさねばなりません。スカニアは、業界のリーダーとして持続可能な輸送について考え、アイディアを共有することで私たち自身、そして社会を教育しています。スカニアジャパンは、これからもサスティナビリティに関するメッセージを発信し、コミュニケーションを継続していきます。」

2020年のスカニアも、期待大!

新しい製品が続々と市場に投入された2019年は、スカニアジャパンがさらに大きく躍進した一年でした。製品バリエーションの拡充や、架装メーカーによる様々なジャンルに適合した車両が登場したことで、スカニアの魅力や特長がますます明確になったように感じます。そして、とても興味深かったのは、大きな市場に向けた一般的なリジッドトラックの完成車でも、特殊用途向けトラックでも、「ユーザーの利益を高めることができる最適な製品を提供する」という、スカニアの哲学が不変だというお話でした。ミケル氏は、それをとてもわかりやすく伝えてくれました。今後も、様々な「日本初」のスカニアをたくさん見ることができるに違いありません。

最後に、ミケル氏からのメッセージを添えたいと思います。

「私たちのこれまでの成功について、お客様とディーラーの皆様とのかかわりによるものであり、心より感謝いたします。お客様、ディーラー、パートナーと作り上げる『スカニアファミリー』が大きくなることで、また新しいことへのチャレンジが可能となり次のステージに進むことができます。2019年の成功に続き、2020年も、スカニアは成長への旅を続けていきます」

Text:遠藤 イヅル
Photos:Masato Yokoyama

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

NEW

110年の歴史を誇るスカニア製バスの歴史を振り返るVOL.01〜1911年から1960年代まで〜

『SCANIA(スカニア)』は、トラックだけでなくバスの分野でも世界有数のメーカーで、これまでに納入したバスの台数は、長距離バスだけでも17万台以上にのぼります。最近では、日本各地でもスカニア製エンジンを積んだ連節バス・路線バス・二階建てバスが活躍を始めており、その姿を目にする機会が増えています。そこで今回から2回にわたり、1911年に登場して以来、2021年で110年の歴史を誇るスカニア製バスのヒストリーを、貴重な写真とともにお送りします。

Scania’s History

「居心地がよい会社」を目指す企業が選んだ、スカニアというチョイス〜有限会社吉田商事様〜

GRIFF IN MAGAZINEでは、これまで数多くの『SCANIA(スカニア)』採用企業にインタビューを行ってきた。その際に聞くことができたのは、スカニア製品がもたらす様々なメリットである。中でも、改めて注目したいのは「スカニアの導入は、ドライバーを大切に思う証になる」という点だ。愛知県豊川市に本社を置く有限会社吉田商事も、近年ドライバーのためにスカニアを積極的に採用している企業で、2021年2月現在、トラクター3台、ウイングボディのリジッドトラックを計5台運用している。代表取締役 吉田 悟氏にスカニアを導入した経緯や理由などをお聞きした。

CUSTOMER

着々と活躍の場を増やしている、北の大地のスカニア〜株式会社武藤興業運輸様・K.DASH TRANS株式会社様〜

スウェーデンのセーデルテリエに本社を持つ、世界的なトラック・バス・産業用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。日本では、2010年に設立された日本法人のスカニアジャパンによって輸入販売が行われており、その姿を目にする機会も増えてきた。2019年2月には、「株式会社滝川自工」が北海道初のスカニアディーラーに。広大で美しい風景がどこか北欧を思わせる北海道で、続々とスカニアが走り始めている。この記事では、最近新たにスカニアを導入した道内2つの企業と、活躍するスカニアの勇姿をご紹介する。

CUSTOMER

タンクトレーラー用スカニアが拓く、北海道の新たな石油製品輸送 〜北海道エネライン株式会社様〜

日々の生活で必要不可欠なエネルギー。中でも、重油・ガソリン・軽油・灯油などの石油製品は、供給が止まると生活や経済に影響を及ぼすほどの重要な生活関連物資だ。札幌市に本社を置く北海道エネライン株式会社は、その大切な石油製品輸送用車両に、『SCANIA(スカニア)』を採用。親会社である北海道エネルギー株式会社の代表取締役社長 木村 信広氏、スカニアジャパン 代表取締役社長のミケル・リンネル氏も来道した納車式のレポートとともに、北海道エネラインの皆様のお話をご紹介します。

CUSTOMER

【新年のご挨拶】難局面でも挑戦を続けたスカニアと、日本で開花しつつある「サステナビリティ」〜スカニアジャパン 代表取締役社長 ミケル・リンネル氏インタビュー〜

【新年のご挨拶】新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、これまでとはまったく違う年になった2020年。スカニアジャパンにおいても、2019年に全国を縦断して、『SCANIA(スカニア)』製品の良さを多くのユーザーに伝えたイベント「スカニアキャラバン」のような、積極的なプロモーション展開が難しくなりました。しかしその中でも、スカニアジャパンの歩みは止まることはなく、スカニア製品の日本市場での活躍が、さらに見られるようになりました。そんな激動の2020年と、明るい兆しに期待する2021年について、様々な視点からミケル・リンネル氏にお話を伺いました。

Scania Japan

安全な石油製品輸送に貢献する、日本初のタンクトレーラー用スカニア 〜株式会社コーエイ様〜

日常で何気なく使っているガソリン・軽油・灯油などの石油製品。生活していく上で、電気・水道・ガスと並んで、なくてはならない存在なのは言うまでもない。今回は、石油を運ぶのに不可欠なタンクトレーラー牽引用トラクターとして日本で初めて『SCANIA(スカニア)』を導入し、現在では6台のスカニアを持つ株式会社コーエイを訪れ、お話を伺った。

CUSTOMER