Scania Japan

スカニアジャパン直営ディーラースタッフにインタビュー。ここで働くよろこびとは?【セールス編】

スカニアジャパン直営ディーラースタッフにインタビュー。ここで働くよろこびとは?【セールス編】

今回はスカニアを支える二大拠点である大阪中央ディーラーと富里ディーラーのセールスの皆さんに、仕事内容やスカニアジャパンでの働きがい、これからの目標をお伺いしました。

Scania Japan

スカニアジャパン直営ディーラースタッフにインタビュー。ここで働くよろこびとは?【サービステクニシャン編】

今回は『SCANIA(スカニア)』を支える二大拠点である大阪中央ディーラーと富里ディーラーのサービステクニシャンに、仕事内容やスカニアジャパンでの働きがい、やりがいを実感できるポイントをお伺いしました。

Scania Japan

2022年のスカニアジャパンは、価値ある製品とサービスを提供し、お客様とさらなる発展を目指す 〜スカニアジャパン新しいCEO、ペール・ランディアン氏にインタビュー〜

スカニアジャパンでは、2022年4月から新しいCEOにペール・ランディアン(Paer Landen)氏を迎えました。そこで早速、ペール・ランディアン氏へインタビューを行いました。日本市場への期待、2022年への抱負とともに、スカニアにおけるこれまでの経歴などもお聞きしていますので、あわせてご紹介したいと思います。

Scania Japan

スカニアジャパン直営の大阪中央ディーラーが、より快適な店舗へとリニューアル!

2021年初旬、スカニアジャパンはより充実したサービスが行えるよう、また今後の新規カスタマー増加に対応するべく、大阪中央ディーラーをリニューアルオープンしました。そこで今回の記事は、大阪中央ディーラーの新しくなったポイントを詳しくお伝えします。

Scania Japan

スカニアジャパンで働きがいと楽しさを、ディーラーマネージャーに直撃インタビュー!

今回はスカニアジャパンが直営する富里ディーラー・大阪中央ディーラーのディーラーマネージャーに、仕事内容・スカニアジャパンで働きがいを実感できるポイント・スカニアジャパンの求める人材像などを、ズバリ伺ってみました。

Scania Japan

ニーズに合わせて展開される、さまざまなスカニアトラックをご紹介!第4回 〜リジッドトラック 特装車両編〜

スカニアでは、ニーズに対応する車両分類を「アプリケーション」と称しています。今回は過去の記事から、日本市場で活躍するスカニアトラックをアプリケーションごとに分類し、ニーズに応じて導入されたスカニアの姿を、4回に分けてご紹介。いよいよ最終回となる今回は、近年、採用例が増えているスカニアリジッドトラックを用いた「特装車両編」をお届けします。

Scania Japan

ニーズに合わせて展開される、さまざまなスカニアトラックをご紹介!第3回 〜重量物輸送用トラクター編〜

スカニアでは、ニーズに対応する車両分類を「アプリケーション」と称しています。今回は過去の記事から、日本市場で活躍するスカニアトラックをアプリケーションごとに分類し、ニーズに応じて導入されたスカニアの姿を、4回に分けてご紹介。第3回は、スカニアの代名詞でもある「重量物輸送用トラクター編」をお届けします。

Scania Japan

ニーズに合わせて展開される、さまざまなスカニアトラックをご紹介!第2回 〜トラクター編〜

スカニアでは、ニーズに対応する車両分類を「アプリケーション」と称しています。今回は過去の記事から、日本市場で活躍するスカニアトラックをアプリケーションごとに分類し、ニーズに応じて導入されたスカニアの姿を、4回に分けてご紹介。第2回は、スカニアの代名詞でもある「トラクター編」の第1弾として、比較的軽量な貨物を運ぶ、一般貨物輸送・燃料輸送・コンテナ輸送などで活躍するスカニアをお届けします。

Scania Japan

ニーズに合わせて展開される、さまざまなスカニアトラックをご紹介!第1回 〜リジッドトラック 完成ウィング車編〜

スカニアでは、ニーズに対応する車両分類を「アプリケーション」と称しています。今回は過去の記事から、日本市場で活躍するスカニアトラックをアプリケーションごとに分類し、ニーズに応じて導入されたスカニアの姿を、3回に分けてご紹介します。第1回は、スカニアの主力商品のひとつに成長した「リジッドトラック」から、「完成ウィング車編」をお送りいたしましょう。

Scania Japan

GRIFF IN MAGAZINE創刊100号記念!印象的な記事を振り返る その2 〜スカニアの評価・導入効果・スカニア愛 編〜

スウェーデンに本社を置く、トラック・バス・産業および船舶用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。その日本法人、スカニアジャパンがお送りする公式Webマガジン『グリフィン・マガジン(GRIFF IN MAGAZINE)』は、先日100号を迎えることができました。今回は100号記念のスペシャル対談の第2回、「スカニアを愛する人々」編をお送りします。

Scania Japan

GRIFF IN MAGAZINE創刊100号記念!印象的な記事を振り返る その1 〜記憶に残る取材編〜

スウェーデンに本社を置く、トラック・バス・産業および船舶用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。その日本法人、スカニアジャパンがお送りする公式Webマガジン『グリフィン・マガジン(GRIFF IN MAGAZINE)』は、2016年3月の創刊以来、スカニアを運用するカスタマー、スカニア製品やサービスの特長、販売や整備を担うディーラーやスタッフのインタビューなどを掲載してきました。今回は100号を記念してスペシャル対談をお届けします。

Scania Japan

【新年のご挨拶】難局面でも挑戦を続けたスカニアと、日本で開花しつつある「サステナビリティ」〜スカニアジャパン 代表取締役社長 ミケル・リンネル氏インタビュー〜

【新年のご挨拶】新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、これまでとはまったく違う年になった2020年。スカニアジャパンにおいても、2019年に全国を縦断して、『SCANIA(スカニア)』製品の良さを多くのユーザーに伝えたイベント「スカニアキャラバン」のような、積極的なプロモーション展開が難しくなりました。しかしその中でも、スカニアジャパンの歩みは止まることはなく、スカニア製品の日本市場での活躍が、さらに見られるようになりました。そんな激動の2020年と、明るい兆しに期待する2021年について、様々な視点からミケル・リンネル氏にお話を伺いました。

Scania Japan

スカニアの魅力を様々な角度から掘り下げてみた!VOL.03「導入効果編」

スカニアジャパン設立から10年を経て、スカニア製品を採用するユーザーは着実に増加しています。公式Webマガジン「GRIFF IN MAGAZINE」では、日本各地のスカニア(SCANIA)ユーザーの方々からスカニア製品について高評価を頂いてきました。そこで今回の記事では、これまでにご紹介したスカニアトラックの良さを、運転中、休憩中などのシチュエーションごと、そして導入効果の3回に分けて再構成。スカニアトラックの魅力をさらに掘り下げます。

Scania Japan

ドライバー目線でスカニアの魅力を掘り下げてみた! VOL.02「休憩・点検編」

スカニアジャパン設立から10年を経て、スカニア製品を採用するユーザーは着実に増加しています。公式Webマガジン「GRIFF IN MAGAZINE」では、日本各地のスカニア(SCANIA)ユーザーの方々からスカニア製品について高評価を頂いてきました。そこで今回の記事では、これまでにご紹介したスカニアトラックの良さを、運転中、休憩中などのシチュエーションごと、そして導入効果の3回に分けて再構成。スカニアトラックの魅力をさらに掘り下げます。

Scania Japan

ドライバー目線でスカニアの魅力を掘り下げてみた!VOL.01「運転編」

スカニアジャパン設立から10年を経て、スカニア製品を採用するユーザーは着実に増加しています。公式Webマガジン「GRIFF IN MAGAZINE」では、日本各地のスカニア(SCANIA)ユーザーの方々からスカニア製品について高評価を頂いてきました。そこで今回の記事では、これまでにご紹介したスカニアトラックの良さを、運転中、休憩中などのシチュエーションごと、そして導入効果の3回に分けて再構成。スカニアトラックの魅力をさらに掘り下げます。

Scania Japan

【新年のご挨拶】2020年も、スカニアはお客様のニーズに合わせた最適なソリューションを提供する 〜スカニアジャパンCEO、ミケル・リンネル氏インタビュー〜

「Scania Caravan 2019」の実施、「日本初のスカニア活魚運搬車」などのこれまで見られなかったジャンルへの採用、日本の新しいスタンダートとなった「二階建てバス」の導入など、2019年もスカニアジャパンでは数多くのトピックがありました。今回は2020年最初の記事として、スカニアジャパンのCEOミケル・リンネル(Mikael Lindner)に、2019年に感じたこと、そして2020年に予定しているプランなどをインタビューしました。

Scania Japan

【新年のご挨拶】スカニアジャパン大躍進の2018年。そして2019年、スカニアは日本市場でさらに発展する 〜スカニアジャパンCEOミケル・リンネル氏〜

新しい『SCANIA(スカニア)』トラックの発売と全国各地での大型試乗会開催、日本市場に特化した商品を展開する「リジッドトラック(完成車)」の発売や、日本各地の事業者で連節バス・二階建てバスの導入が進むなど、2018年も […]

Scania Japan

【スカニア新モデル解剖編】21年ぶりのフルモデルチェンジ!気になる細部を徹底チェック!

21年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたスウェーデンのトラックメーカー「スカニア」の新モデル「NEXT GENERATION SCANIA」。その性能面はもちろん、開発秘話などグリフィンマガジンだけでしか知ることができない情報をぎっしり詰め込みました。

Scania Japan

スカニアは日本市場に付加価値がある製品・サービスと新しいマインドセットを与えたい〜スカニアジャパンCEO、ミケル・リンネル氏に聞く〜

世界規模でトラック・バス・産業用エンジンを提供する『SCANIA(スカニア)』。その日本法人であるスカニアジャパンが今の日本市場にどんなアプローチを図っているのだろうか。スウェーデン出身の新しいCEOミケル・リンネル氏にお話を伺いました。

Scania Japan

SCANIAの裏方、パーツ・セクションの今とこれから

『SCANIA(スカニア)』はトラックやバス、エンジンなどのインポーターです。取扱製品はいわゆる「機械モノ」であり、しかも完全なビジネスユースで走行距離や稼働時間が長いわけですから、当然ながら整備や修理のためのパーツの供給体制も気になるところでしょう。

Scania Japan

スカニアジャパンCEO、ヨハン・ルンデン氏にインタビュー

『SCANIA(スカニア)』はこの2016年で創業125周年。その記念すべき節目の年に、スカニアと日本の皆さんをつなぐこのWEBマガジン『GRIFF IN MAGAZINE(グリフィン・マガジン)』がスタートいたしました […]

Scania Japan