Event

アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!

明るい黄色の車体に鮮やかな“HATO BUS”の赤いロゴ。仮にその姿を目にしたことがなかったとしても、『はとバス』の名前を耳にしたことはおありでしょう。1948年から東京都内や横浜市内を起点にしてツーリストのための定期観光バスを運行している、老舗中の老舗。昼夜合わせて150近くの多彩なメニューが用意されていて、日本各地から首都圏に遊びに来られる方々の定番であることはもちろん、海外から日本を訪れる人々からも人気です。

アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!

そのはとバスがスカニア製のエンジンとシャシーを持ったバスの導入をスタートしたことは、お伝えしたとおりです。日本国内で2階建てバスの製造が終了してしまってから今回そのバスが日本に上陸するまでのストーリーは、誰もが想像するより困難な壁の立ち塞がる、関わった人達のいくつもの情熱に支えられたものでした。

記事はこちら:SCANIAエンジンを搭載した“新しい日本の二階建てバス”

アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!

「アストロメガ」の名前を継承した新しいバスは、すでにこの4月末から運行が開始されていますが、それに先駆け2階の客席に乗せていただく機会に恵まれました。はたしてどんな心地を味わわせてくれるのでしょう・・・?

イメージよりも遙かに身体に優しい乗り心地

書き手である僕自身はクルマに関するモノ書きで、本来は自分で走らせて様々なメディアにその印象を寄稿するのが仕事の大半を占めています。あくまでも仕事柄なのが泣けてくるところではありますが、自分ではそう簡単に手に入れることなどできないスーパーカーや贅をこらした高級サルーンなどに触れることが少なくなく、そういう意味では乗り心地に対する優劣の判断基準はおそらく一般の方よりも厳しく方向にシフトしがちかも知れません。なのに、スカニアのシャシーが生む乗り心地は、ちょっと驚くほどに快適で、とても身体に優しく感じられ、素直に嬉しい気分にさせられたのでした。

アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!

車体の後方にある階段で二階に登り、シートに腰を下ろすと、最初に感じたのは座り心地が良好なことでした。車体を架装したバンホールがセットしたそのシートは、ふんわりとした感触ではなく、当たりはほどほどに柔らかいけれど芯がしっかりしていて、長時間座っても腰や背中の疲れが少ないタイプ。乗用車に例えるなら、ドイツ製高級サルーンのそれに近いといえるかも知れません。

そしてバスが動き始めると、僕はあることに気づきました。身体の揺れがかなり少ないのです。もちろんドライバーの方の運転技術によるところも大きいのでしょうが、走行中のピッチング(前後方向の揺れ)もローリング(左右方向の揺れ)も、あまり伝わってこないのです。御覧のとおりの2階建てで車高は3.78mと高く、当然ながら重心も高いわけです。乗用車でも同じですが、重心位置が高ければ高いほど発進時や減速時のピッチングは大きく、路面の状態が悪かったりコーナーを曲がったりするときのローリングも大きいものです。物理の法則には勝てません。

アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!

が、スカニア製のシャシーは、それを電子制御式のエアサスペンションで、上手くいなしている感じでした。路面の荒れた場所や段差などを乗り越えるときも、その凹凸を嫌な衝撃として伝えてきたりすることはありませんでした。バスはその大きさや車体の形状の性質上、横風の影響を受けやすいものですが、風の比較的強めだったその日、突風を受けて車体が一瞬揺れることはあっても、クルマ自体の進路が乱されるような動きを見せることもありませんでした。あらゆる局面において、揺り返しのようなものを感じることもありませんでした。シャシーの剛性がすこぶる高く、サスペンションの制御が優秀であることの証ですね。

乗り味としては、これまで体験したことのある観光バスなどよりやや引き締まった印象ですが、サスペンションが伸び縮みするときの動きがとてもしなやか。だからとっても快適で、ちょっとやそっとの乗用車では太刀打ちできないレベルにあるように感じたのでした。

もうひとつ気づいたことは、エンジンとトランスミッションの連携の良さ。このバスが積むスカニア製のエンジンは、“DC13”という型式を持つ、直列6気筒の1万2742ccのターボ・ディーゼル。同じくスカニア製のトランスミッションは、12段変速の“オプティクルーズ”と呼ばれる、クラッチを完全に自動化したAMT(オートメイテッド・マニュアル・トランスミッション)です。

アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!

アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!

エンジンの音は、少なくとも2階のシートに座っている限り、耳障りなものとして聞こえてくることはありません。こうしたクルマですから乗用車のようにエンジンをブンブン回して走るものではないと理解してはいましたが、それにしてもエンジンの回転が高まる様子が感じられないのです。それもそのはず、このエンジンは410psの最高出力をわずか1900回転で発生させ、2150Nm(219.2kgm!)の最大トルクをたった1000〜1300回転の間でまかない続けるのです。それを12段変速のギアで、次々と繋いでいくわけです。トランスミッションの変速ショックも皆無で、いつギアが切り替わったか判らないくらい。意識しなければパワートレーンの存在は忘却の彼方です。それでいて車両総重量19トン近くの凄まじく重たい車体を、力強く滑らかにスピードに乗せていくのです。街中での発進も、高速道路でのクルージングも、その動きには全く苦がないようでした。

「このクルマとは長く付き合いたいな、と思います」

ドライバーの方にお話を伺うことができました。はとバスのドライバーとしてこれまで様々なバスの運行を担当してこられた、村尾吉貞さんです。

アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!

──これまで運転してこられたバスと、この新しいバスとでは、どんなところが異なってますか?

今日で走らせるのは3回目で、まだ操作に慣れてないところもあるから第一印象みたいなものですけど、色々なところが違いますね。

──例えばエンジンやトランスミッションでは?

パワーが410psしかないから力不足かな?って思う人も多いんですけど、そんなことはないですね。トルクが結構大きいので。それに12段のトランスミッションが、これが基本操作はオートマティックと同じで煩わしさがないんですけど、エンジンのトルクのいいところを使えるように自動的にギアを切り替えて走れるようになっているみたいで、力強いし運転しやすいです。かなり計算されている感じですね。エンジンも滑らかに回ります。

──コクピットの操作性はいかがですか?

すべて手元にあるというか、必要なものがドライバーの手が届きやすいところに集約されていますので、とても扱いやすいと感じます。

──サスペンションの動きとかはどうでしょう?

国産のバスと較べると少し固めかとも思うんですけど、乗り心地はいいですね。前後にも左右にもクルマが変に動いたりはしませんし、揺り返しもないです。きっとお客様も同じように感じられるんじゃないでしょうか。それはこのクルマの特徴だと思います。曲がるときにもロールが少ないから安定してますし、まっすぐ走るときも安定してます。路面にハンドルを取られるようなこともありません。全体的に、扱いやすい、とても素晴らしいクルマですね。これに乗れるのは嬉しいですよ。長く付き合いたいな、と思います。

スカニアの乗り味を体感できる2つのコース

プロフェッショナルにも「嬉しい」といわせるスカニアのパワートレーンとシャシーですが、乗っていた僕達がやっぱり嬉しいもうひとつの決定的な要素は、やはり3mを超える高い位置から風景を眺めながら移動できる非日常的な感覚と、そしてアメニティ。

アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!

車内ではWi-Fiにアクセスすることができて無料でインターネットに接続できますし、シートの下部にUSBコネクターが備わっていますから、スマートフォンをはじめとするデジタル機器を充電することも可能です。楽しい時間を過ごしているときの電池切れ、泣きたくなりますものね。
それにはとバスならではバスガイドさんの解説は通常は日本語で行われますが、“TOMODACHI”と名付けられたワイヤレス受信が用意されていて、英語・フランス語・スペイン語・中国語・韓国語・ベトナム語・インドネシア語・タイ語など8ヶ国語による解説を聞くこともできます。海外からの友人と一緒に観光を楽しむときに、とてもありがたいですね。
この新しいアストロメガは、先述のとおりすでに運行が開始されています。『東京タワーと国会議事堂』コース(コース番号:A149)、そして『二大ブリッジドライブと夜景の六本木ヒルズ』コース(コース番号:B270)です。

アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!

はとバスのウェブサイトから検索して、皆さんもぜひ北欧が生んだスカニアの包容力ある乗り味を体験してみてください。ちょっと感激すると思います。
_MG_7669

アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!
アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!
アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!
アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!
アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!
アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!
アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!
アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!
アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!
アストロメガの名を継承し、運行を開始した新型はとバスを体験!

Text:嶋田 智之
Official bus photos:横山 マサト
Photos:Shigeta Kobayashi

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

NEW

110年の歴史を誇るスカニア製バスの歴史を振り返るVOL.01〜1911年から1960年代まで〜

『SCANIA(スカニア)』は、トラックだけでなくバスの分野でも世界有数のメーカーで、これまでに納入したバスの台数は、長距離バスだけでも17万台以上にのぼります。最近では、日本各地でもスカニア製エンジンを積んだ連節バス・路線バス・二階建てバスが活躍を始めており、その姿を目にする機会が増えています。そこで今回から2回にわたり、1911年に登場して以来、2021年で110年の歴史を誇るスカニア製バスのヒストリーを、貴重な写真とともにお送りします。

Scania’s History

「居心地がよい会社」を目指す企業が選んだ、スカニアというチョイス〜有限会社吉田商事様〜

GRIFF IN MAGAZINEでは、これまで数多くの『SCANIA(スカニア)』採用企業にインタビューを行ってきた。その際に聞くことができたのは、スカニア製品がもたらす様々なメリットである。中でも、改めて注目したいのは「スカニアの導入は、ドライバーを大切に思う証になる」という点だ。愛知県豊川市に本社を置く有限会社吉田商事も、近年ドライバーのためにスカニアを積極的に採用している企業で、2021年2月現在、トラクター3台、ウイングボディのリジッドトラックを計5台運用している。代表取締役 吉田 悟氏にスカニアを導入した経緯や理由などをお聞きした。

CUSTOMER

着々と活躍の場を増やしている、北の大地のスカニア〜株式会社武藤興業運輸様・K.DASH TRANS株式会社様〜

スウェーデンのセーデルテリエに本社を持つ、世界的なトラック・バス・産業用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。日本では、2010年に設立された日本法人のスカニアジャパンによって輸入販売が行われており、その姿を目にする機会も増えてきた。2019年2月には、「株式会社滝川自工」が北海道初のスカニアディーラーに。広大で美しい風景がどこか北欧を思わせる北海道で、続々とスカニアが走り始めている。この記事では、最近新たにスカニアを導入した道内2つの企業と、活躍するスカニアの勇姿をご紹介する。

CUSTOMER

タンクトレーラー用スカニアが拓く、北海道の新たな石油製品輸送 〜北海道エネライン株式会社様〜

日々の生活で必要不可欠なエネルギー。中でも、重油・ガソリン・軽油・灯油などの石油製品は、供給が止まると生活や経済に影響を及ぼすほどの重要な生活関連物資だ。札幌市に本社を置く北海道エネライン株式会社は、その大切な石油製品輸送用車両に、『SCANIA(スカニア)』を採用。親会社である北海道エネルギー株式会社の代表取締役社長 木村 信広氏、スカニアジャパン 代表取締役社長のミケル・リンネル氏も来道した納車式のレポートとともに、北海道エネラインの皆様のお話をご紹介します。

CUSTOMER

【新年のご挨拶】難局面でも挑戦を続けたスカニアと、日本で開花しつつある「サステナビリティ」〜スカニアジャパン 代表取締役社長 ミケル・リンネル氏インタビュー〜

【新年のご挨拶】新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、これまでとはまったく違う年になった2020年。スカニアジャパンにおいても、2019年に全国を縦断して、『SCANIA(スカニア)』製品の良さを多くのユーザーに伝えたイベント「スカニアキャラバン」のような、積極的なプロモーション展開が難しくなりました。しかしその中でも、スカニアジャパンの歩みは止まることはなく、スカニア製品の日本市場での活躍が、さらに見られるようになりました。そんな激動の2020年と、明るい兆しに期待する2021年について、様々な視点からミケル・リンネル氏にお話を伺いました。

Scania Japan

安全な石油製品輸送に貢献する、日本初のタンクトレーラー用スカニア 〜株式会社コーエイ様〜

日常で何気なく使っているガソリン・軽油・灯油などの石油製品。生活していく上で、電気・水道・ガスと並んで、なくてはならない存在なのは言うまでもない。今回は、石油を運ぶのに不可欠なタンクトレーラー牽引用トラクターとして日本で初めて『SCANIA(スカニア)』を導入し、現在では6台のスカニアを持つ株式会社コーエイを訪れ、お話を伺った。

CUSTOMER