Event

【フォトレポート】スカニアジャパン 有明フェリーターミナルで試乗会を実施

2016年3月26日(土)、有明フェリーターミナルにてスカニア製トラックのラインナップ中でも高い人気を誇るRシリーズキャブの410馬力仕様、『R410』の展示・試乗会が開催された。

R410はエンジンをダウンサイジングしつつも、国産エンジン460馬力レベルのトルクを悠々とカヴァー。ドライバーによっては燃費も良くなり、低価格化を実現できる優れた仕様となる。海外でも故障が少ないと定評の高いパワフルでエコノミーな本モデルは、日本のトラック市場でよりニーズが高まる予感。キャブの外装はベースカラーである柔らかなホワイトに加え、クリムゾンのように上品な発色が印象的なレッド。営業担当の松井氏は「日本メーカーではメッキパーツやクロムメッキが主流。今回のR410はシャーシの部分が赤くペイントされていたので、そこを活かしてみました。個性を出せるのが、スカニアの美点。メッキでなくても飾れるという想いが込められたカラーリングです」と語る。

_MG_2223

そして今回の試乗会には、スカニア・トラックを3台所有する有限会社香取運輸が協賛。実際に、香取運輸のスカニア3台がドライバーと共に試乗会場に集結し、R410と初顔合わせ。4台が並んだその様は迫力に溢れ、それぞれのアイデンティティを醸し出していた。

_MG_2080

_MG_2085

この日、スカニアジャパンCEOヨハン・ルンデンと香取運輸の代表を務める大堀氏の対談も行われた。「スカニアの居住性の高さはやはり凄い。キャブの中で過ごす時間が長いドライバーが多いのでRシリーズのスカニアを選んでいます。(標準サイズより車幅が大きいので)現場で扱い難いと感じるかという懸念はあったが、うちではスキルの高いドライバーが乗っているのでそこは問題ないという意見がほとんどです」と話す大堀代表。製品の魅力や、これからの市場についての課題など意見交換するお二人。

_MG_2153

撮影中には「どんな音楽を聞くの?カーディガンズ!?グレイト、それはスウェーデンのバンドですね」とヨハンCEOが大堀代表と趣味の話題でも盛り上がり、FIKA TIMEなども交え終始和やかなムードの対談となった。

_MG_2294

最後に実際に香取運輸のスカニア・トラックを運転しているドライバーの皆さんに動力性能や乗り心地についてコメントいただいた。

スカニアを運転して2年目。R490に乗る、ドライバー萩谷さん。

「パワー(馬力)だけじゃないんだよね。トルクがあるから坂道でもグイグイいく。国産だとハンドルがガタガタとするところが、スカニアには安定性がある。狭い道ではちょっとハンドルが重いかなと思うこともあるけど、乗っていてぜんぜんバテないんです。轍(わだち)でもフラフラせずに運転できるのがすごいですね」

スカニアを運転して半年。R450に乗る、ドライバー海老沢さん。

「まだ1年も経っていないけれど、かなり安定性があるね。乗用車と同じ感覚で運転できるっていうのがすごいですよね。自分は乗り始めて1ヶ月で10,000キロを走破したけど、過酷だなあって思うような雪道もそのまま行けるのに驚いた。一度乗っちゃうと、スカニアが良いですね」

スカニアを運転して1年。R580に乗る、ドライバー大谷さん。

「走りがとにかくスムーズ、坂道もグングン走るし本当に乗りやすい。あとは居住性だね!1日8〜9時間スカニアの運転席で過ごしていてるけど疲れが違う。たまにATで運転していてブレーキをかけるときの切り替りというか、そこの感覚が難しいと思うことはあるけれど、やはり運転しているときの安定性がすごくあります」

_MG_2269

スカニアを運転するドライバーの皆さんからは「安定性」と「居住性」に対しての満足度が非常に高いことが分かった。運転技術だけでなく、ドライバーとしてのポリシーとトラックへの愛情を強く持った方々のこうしたインプレッションから、欧州で磨き抜かれたスカニア製品のポテンシャルがうかがえる。

本試乗会のフォトギャラリーは下記にてご覧ください。

_MG_2071
_MG_2093
_MG_2100
_MG_2126
_MG_2180
_MG_2199
_MG_2213
_MG_2239
_MG_2252
_MG_2391
MG_2409

Photos:横山マサト

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

NEW

【新年のご挨拶】難局面でも挑戦を続けたスカニアと、日本で開花しつつある「サステナビリティ」〜スカニアジャパン 代表取締役社長 ミケル・リンネル氏インタビュー〜

【新年のご挨拶】新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、これまでとはまったく違う年になった2020年。スカニアジャパンにおいても、2019年に全国を縦断して、『SCANIA(スカニア)』製品の良さを多くのユーザーに伝えたイベント「スカニアキャラバン」のような、積極的なプロモーション展開が難しくなりました。しかしその中でも、スカニアジャパンの歩みは止まることはなく、スカニア製品の日本市場での活躍が、さらに見られるようになりました。そんな激動の2020年と、明るい兆しに期待する2021年について、様々な視点からミケル・リンネル氏にお話を伺いました。

Scania Japan

安全な石油製品輸送に貢献する、日本初のタンクトレーラー用スカニア 〜株式会社コーエイ様〜

日常で何気なく使っているガソリン・軽油・灯油などの石油製品。生活していく上で、電気・水道・ガスと並んで、なくてはならない存在なのは言うまでもない。今回は、石油を運ぶのに不可欠なタンクトレーラー牽引用トラクターとして日本で初めて『SCANIA(スカニア)』を導入し、現在では6台のスカニアを持つ株式会社コーエイを訪れ、お話を伺った。

CUSTOMER

Try & Action!――スカニアが運ぶ未来への想い 〜株式会社カネヨシ〜

「スカニアの美点」である高出力・優れた燃費・乗り心地の良さ・快適性を武器に、日本国内でも着実にその台数を増やしている『SCANIA(スカニア)』のリジッドトラック。今回取材に訪れた、愛知県みよし市に本社を構える総合物流企業・株式会社カネヨシもスカニアリジッドトラックを3台運用する。同社で保有する約100台のトラックの中でも、3台のスカニアには特別な塗装を施すなど、スカニア愛に溢れる同社のみなさんに話を伺った。

CUSTOMER

重量物輸送で「スカニアだからこそできること」〜世新建設運輸株式会社〜

「スカニアでなければならない」と数多くの採用企業から大きな支持を得ている『SCANIA(スカニア)』のトラクター。今回取材に訪れた、神奈川県横浜市泉区に本社を構える世新(せいしん)建設運輸株式会社も、スカニア製トラクター導入企業のひとつである。渋谷駅前に保存展示してあった「東急5000系(初代。愛称:青ガエル)」を、「忠犬ハチ公」でゆかりのある秋田県大館市に運ぶ大役も引き受けた同社のみなさんに話を伺った。

CUSTOMER

スカニアが与えてくれた、企業発展に必要な「誇り」と「次へのステップ」〜富山県初のスカニアディーラー、ワタヤテクノトラスト様〜

『SCANIA(スカニア)』は、大型トラック、バス、産業用エンジンメーカーで、全国各地に34店舗(販売ディーラー12店舗含む)を構えており、サービスネットワークを着実に増加させている。その中で、2020年誕生の最新ディーラーが、富山県富山市のワタヤテクノトラスト株式会社だ。北陸エリアとしては2拠点目、富山県では初のスカニアディーラーとなった。今回は9月末に行われた、スカニア展示会のレポートとともにワタヤテクノトラスト株式会社のみなさんに話を伺った。

Dealer

スカニアジャパン 代表取締役社長、ミケル・リンネル氏がスウェーデンのペールエリック・ヘーグベリ大使と語り合う 「スウェーデンと日本、そしてサステナブル」

今回お届けするのは、『SCANIA(スカニア)』の日本法人スカニアジャパン 代表取締役社長のミケル・リンネル(Mikael Lindner)氏がスウェーデン大使館を訪れ、着任ちょうど1年のペールエリック・ヘーグベリ(Pereric Högberg)大使と向き合うGRIFF IN MAGAZINEのスペシャル対談。日本の印象。スカニアのイメージ。そしてスウェーデンがもっとも得意とするサステナブルの真意などのお話をうかがいました。

Culture