Event

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

スカニアジャパン、東京モーターショーに初出展

東京で2年に一度開催される東京モーターショーは、世界有数の自動車ショーのひとつで、今年の開催で実に45回を数えます。日本のみならず世界からも注目を集めることでも知られるこの大きな檜舞台である東京モーターショーに、『SCANIA(スカニア)』の日本法人・スカニアジャパンは今回初出展を行いました。しかも、大きなサプライズも用意してくれていたのです。それは、スカニアの新モデル展示でした。

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

日本はスカニアにとってたいへん大事な市場

ブースの場所は東京ビッグサイト・東展示棟の東1ホールの入り口側で、ホール間の廊下からスカニアトラックがはっきりと見えるという絶好のポジションです。広くて落ち着いた色調のスカニアの展示ブースには、スカニアトラクターのPシリーズのほかに、キャブに紺色のヴェールがかけられた2台のスカニアが並びます。まさかこの2台が新モデル!? 期待が膨らみます。

プレスカンファレンスは7月に新しくスカニアジャパンCEOに就任したミケル・リンネル氏の挨拶でスタートしました。ミケル氏は、まずスカニアが世界100カ国以上で販売され、従業員数約44000人を数えるグローバル企業であることを紹介。各地域、各市場の文化に合わせた商品展開を行っていること、スカニアが各国に提供するソリューションは画一ではないことを説明しました。そして新モデルが登場するためにとても多くのスタッフの尽力があったこと、スカニアにとって日本市場が大切であることを教えてくれました。

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

続いて登壇したプリセールス部 部長中井 誠氏は、日本での新モデルの発売は欧州市場に続く世界2番目でありたいへん栄誉があることであると語り、今まで以上に快適なキャビン、軽やかで安全性の高いハンドリング、さらにスムーズに素早くなった12段AMTオプティクルーズ、従来以上の低燃費、先進通信技術の搭載などの新モデルの良さをアピールしました。そして新モデルの発表にあたり、より一層のトータルオペレーションエコノミーを追求したトラックの提供、お客様とともに継続的、永続的な成長をともに果たしていく良きパートナーとしてさらなる市場拡大を目指すことを中井氏が宣言したのち、ミケル氏により新モデル公開の掛け声がかかりました。ついにスカニアの新モデル日本初公開の瞬間がやってきたのです。会場に詰めかけた人々、そして我ら取材陣は2台を覆うヴェールに注目しました。

スカニアらしさを残しつつ、全く新しいデザイン

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

ヴェールの下から登場したスカニアの新モデルは、美しいラベンダーカラーに彩られていました。スカニアを知る人ならば誰が見てもスカニアだとわかるデザインを持ちつつ、従来のモデルよりもエッジが立ち精悍な印象です。続いて壇上に上がったスカニア・グローバル・インダストリアル統括部門長のクリストファー・ハンセン氏は、まさしく新モデルのデザインを「特徴的でユニークなデザインを生かしつつ、現代的なクルマにすること、スカニアらしさを失わずに新しくするという仕事は大変でした」と話しました。ボディサイドのキャラクターライン、切り立ったフロントウインドウ、大きなグリルはスカニアそのものでも、たしかに新しい時代を切り開くにふさわしい斬新なスタイルを持っています。

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

2台並んだ新モデルのうち、向かって左のトラックはGシリーズのノーマルキャブを持つ「G360」、右は上位レインジであるRシリーズの「R500」で、G360に比べるとキャブが高いことがわかります。車は従来のモデル同様の付番方法を採用。ラベンダーカラーは新モデルのイメージカラーです。全モデルとも着座位置が従来よりも前方に移動したことで、さらに視界が良くなっています。

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

新モデルの詳細に興味津々!

来年発売予定というスカニアの新モデルは、一部のパーツ以外シャーシから含めて全て新しく開発されたとのことです。しかもその一部パーツとは、トラクターのリアフェンダーくらい、というのですから、その刷新ぶりがわかりますね。

従来から定評のあった静粛性はさらに向上し、シフトフィールもさらにスムーズに、燃費も良くなっているいう新モデル。どんな乗り味なのだろう?どんなところがどのように改良されたのか?どんなグレードがあるのかな?などなど、気になる詳細は追ってこのGRIFF IN MAGAZINEでご紹介していきたいと思います。続報をお楽しみに!

Text:遠藤 イヅル
Photos:安井 宏充

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

トラクターの後ろ姿の迫力は、新モデルでも変わらない。なお、新モデルでは従来天井上に装着していたキャブクーラーをキャブ下にあらかじめビルトインしている。

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

新モデルではトラクターと単車(キャブの後ろにすぐ荷台があるトラック)が同時にラインナップされるとのこと。

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

内装の質感は新モデルでもさらに高いものに。落ち着いたデザインも好ましい。

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

これまでP、G、Rが存在した仕様の上に、新モデルではさらに「S」シリーズが加わっている。Rシリーズでも豪華だったさらに上を行くプレミアムなモデルとなるようだ。ポイントは運転席床がフルフラットになっていること。キャブが高くないと実現できない。モックアップのため着座時の高さは実感できないものの、すでに充分に高いRシリーズよりもさらに高いと聞けば、その目線の位置が想像できる。

< スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール! />

ブースには新モデルに搭載されるエンジンのひとつ、DC13型 12.7ℓ直6 産業用エンジンが展示されていた。

< スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール! />

プレスカンファレンス終了後は、スウェーデンを代表する文化のひとつ、FIKA(フィーカ)が振る舞われた。スカニアらしい心配りが嬉しい。

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

GRIFF IN MAGAZINE創刊100号記念!印象的な記事を振り返る その2 〜スカニアの評価・導入効果・スカニア愛 編〜

スウェーデンに本社を置く、トラック・バス・産業および船舶用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。その日本法人、スカニアジャパンがお送りする公式Webマガジン『グリフィン・マガジン(GRIFF IN MAGAZINE)』は、先日100号を迎えることができました。今回は100号記念のスペシャル対談の第2回、「スカニアを愛する人々」編をお送りします。

Scania Japan

GRIFF IN MAGAZINE創刊100号記念!印象的な記事を振り返る その1 〜記憶に残る取材編〜

スウェーデンに本社を置く、トラック・バス・産業および船舶用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。その日本法人、スカニアジャパンがお送りする公式Webマガジン『グリフィン・マガジン(GRIFF IN MAGAZINE)』は、2016年3月の創刊以来、スカニアを運用するカスタマー、スカニア製品やサービスの特長、販売や整備を担うディーラーやスタッフのインタビューなどを掲載してきました。今回は100号を記念してスペシャル対談をお届けします。

Scania Japan

110年の歴史を誇るスカニア製バスの歴史を振り返るVOL.02〜1970年代から現在まで〜

『SCANIA(スカニア)』は、トラックだけでなくバスの分野でも世界有数のメーカーで、これまでに納入したバスの台数は、長距離バスだけでも17万台以上にのぼります。最近では、日本各地でもスカニア製エンジンを積んだ連節バス・路線バス・二階建てバスが活躍を始めており、その姿を目にする機会が増えています。1911年から1960年代を振り返った前回に続いて、今回は1970年代から現在にかけて登場したエポックメイキングなバスを貴重な写真とともにお送りします。

Scania’s History

世界を先導するスウェーデンのサステナビリティ

「サステナビリティ(持続可能性)」をスウェーデン語で、「Hållbarhet(ホルバールヘート)」といい、この言葉は、スウェーデンでは、本当によく見聞きします。『SCANIA(スカニア)』社でも、再生エネルギーを使用するなど環境的持続可能性に配慮しながら、持続可能な輸送システムの構築を模索し続けています。また、女性の社会進出や男女の賃金格差をなくすなど、社会的持続可能にも取り組み、地球の環境生態系と人間が共存し、良好な社会生活を営むことができるように、企業として何ができるのか考えながら、日々前進を続けています。

Culture

サステナブルな輸送のシフトに向けた最適なパートナー〜HAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社〜

日本最大規模の外食チェーンのサプライチェーンマネジメントを一手に引き受けるHAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社 (以下HAVIジャパン) は、新たに導入する大型冷凍車に、サステナブルな輸送へのシフトをリードする企業『SCANIA(スカニア)』のトラックを採用した。納車式のレポートと併せて、HAVIジャパン 職務執行者社長 下岡 弘幸氏にお話を伺った。

CUSTOMER

110年の歴史を誇るスカニア製バスの歴史を振り返るVOL.01〜1911年から1960年代まで〜

『SCANIA(スカニア)』は、トラックだけでなくバスの分野でも世界有数のメーカーで、これまでに納入したバスの台数は、長距離バスだけでも17万台以上にのぼります。最近では、日本各地でもスカニア製エンジンを積んだ連節バス・路線バス・二階建てバスが活躍を始めており、その姿を目にする機会が増えています。そこで今回から2回にわたり、1911年に登場して以来、2021年で110年の歴史を誇るスカニア製バスのヒストリーを、貴重な写真とともにお送りします。

Scania’s History