Scania’s History

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

連載でお届けしている『SCANIA(スカニア)』トラックの歴史。第2回となる今回は、創業期から終戦の年となる1945年までの前回に続いて、スカニアが大きく成長した1970年代までに生まれたトラックの数々をご紹介します。

「スカニアトラック117年の歴史」VOL.01 〜創業から1945年まで〜 はこちら

【1940年代後半】直噴ディーゼル搭載トラックが登場

現在のスカニアに至る2つの会社「スカニア」と「ヴァビス」は、奇しくもそれぞれ1902年に1.5t積みのトラックの発売を開始した──ということはVOL.01でご紹介しました。1911年の「スカニア・ヴァビス」合併後、トラックの種類、生産台数を増やしていきました。1939年に始まった第二次世界大戦の最中にはスカニアも軍用車を作る企業となりましたが、終戦前の1944年から民間市場向けトラック「L10型」の生産を開始。L10型は1950年代末まで製造され、その後のスカニアトラックの基礎を作りました。

1946年になると、モジュール式の直6ディーゼルエンジンを載せたひと回り大きな「L20型」が登場しました。L20型は、早くもその3年後の1949年、新開発の直噴式ディーゼルエンジンを搭載した「L60型」に進化しています。

1949年型 スカニア・ヴァビス LS23型

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

1946年に登場したL20型は、L10型に直6エンジンを搭載した大型トラック。LSの“L”は「トラック(スウェーデン語でLastbil”)」、“S”は「3軸車」を意味する。1949年まで生産された。

1949年 スカニア・ヴァビス D610型 直噴ディーゼル

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

1949年、8.5ℓから133hpを発生するD610型直噴ディーゼルエンジンを新たに搭載したL60型が発売された。耐久性にも優れていたことから「40万キロエンジン」と呼ばれた。(写真:遠藤 イヅル)

【1950年代】大排気量エンジンを搭載して輸送力増強に対応

1950年代に入ると、輸送力増強に応じるため、さらに大きなエンジンの開発が進みました。1954年、148hpという高出力を誇った9.3ℓの直6直噴ディーゼルエンジンを積んだ「L71型“リージェント”」が登場。パワーステアリングとエアブレーキを備えてドライバーの快適性も大きく向上し、長距離輸送に活躍しました。

1954年型 スカニア・ヴァビス LS71型

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

さらに大きな輸送力をL60型に与えるべく開発された、9.3ℓのD642型 直6直噴ディーゼルエンジンを搭載したL71型“リージェント”。写真のモデルは3軸のLS71型。L70型のトランスミッションは当初ノンシンクロ4速だったが、のちに5速に置き換えられた。

1958年、戦後のスカニアトラックの代表作「L75型」が誕生。エンジンの排気量はついに1万ccを超えました。より過酷な輸送に対応する、後輪2軸を駆動できる仕様も開発されました。

1960年型 スカニア・ヴァビス DLT75型

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

1958年に登場し、細かな改良を重ねて1980年まで製造されたロングセラー「L75型」。同モデルは、それまで独立していたヘッドライトがフェンダーに収まって外観も近代化。内装では、それまでダッシュボードのセンターに置かれていた計器類を初めてドライバー正面に設けた。写真のモデルはダンプで、リアアクスルは両方とも駆動軸。「DLT」の“T”はタンデムアクスルを意味する。1963年には「L76型」に発展。

【1960年代】キャブオーバートラックとV8搭載モデルがデビュー

L75型は1963年にはエンジンを1.1ℓに拡大した「L76型」に発展、現在のトラックに見られる「エンジンの上に運転席がある」キャブオーバー型トラック「LB76型」をラインナップに加えました。キャブオーバー型となったのは、1960年代初頭に欧州各国が実施したトラックとトレーラーの全長規制の流れを汲んだもので、積載量を少しでも多く確保するために短いキャブを採用したのです。

1963年型 スカニア・ヴァビス LB76型

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

1960年代に入って欧州で決まりつつあった全長規制に対応するために開発されたキャブオーバー型スタイルの「LB76型」。“B”はブルドックから取ったとされる。1961年以降はターボエンジン搭載モデルも用意され、車名には「スーパー」が付与された。この時代のキャブはまだチルトしなかった。

1966年型 スカニア・ヴァビス L36型

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

トラックの大型化が進んだ「スカニア・ヴァビス」では、配送などに適したモデルもラインナップを継続。「L36型」は、1964年から販売を開始した中型トラックだった。また、LB110型とキャブを共用するキャブオーバー型中型トラック「LB80型」も1968年に登場している。

LB76型の後継モデルとなるLB110型が登場したのは1968年でした。丸みが少ない直線基調のモダンなデザインになっただけでなく、キャブが前方にチルトすることが可能になりました。

そして、スカニアの象徴である“V8”エンジン搭載モデルが、いよいよ1969年にその姿を現しました。V8ディーゼルエンジン「DS14型」は、欧州で最も強力な345hpというパワーを得ていました。

1969年 スカニア DS14型 V8ディーゼルエンジン

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

排気量14ℓのV8ディーゼルエンジン「DS14型」。最高出力は345hpに達し、当時の欧州で最も強力なトラック用エンジンだった。LB110型以降のキャブオーバー型トラックは手動ポンプ式でキャブチルトが可能になって、整備性が大幅にアップした。

1970年型 スカニアLB110型

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

1968年、スカニアはLB76型の後継として新たなキャブオーバー型トラック「LB110型」をリリース。一気に現代風な装いとなった。スカニア・ヴァビスが自動車/航空機メーカー・サーブとの合併によって社名が「サーブ・スカニア」となったこの頃から、車名の付与方法に変化が現れた。例えばLB110型の「110」では11ℓエンジン搭載を意味する。

1970年型 スカニアLBS140型

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

LB110型をベースに、強力無比な14ℓV8エンジンを搭載した「LB140型」の登場は1969年。つまり2019年はスカニアトラックのV8搭載モデル50周年のメモリアルイヤーにあたる。

【1970年代】“1シリーズ”が登場。V8エンジンは370hpに増強

1972年に新しいボンネット型トラックが登場しましたが、1958年から小改良を繰り返して継続販売されてきたL75型の末裔「L110型」は、この時点でもスカニアのカタログに載り続けていました。1974年、スカニアの各モデルがマイナーチェンジやエンジンの変更を受けて「1シリーズ」に発展。車名の末尾に「1」が与えられた際も、L110型はしっかりラインナップに残り、「L111型」へとステップアップを果たしました。L111型は1980年まで生産され、スカニア随一のロングセラーモデルとなりました。

1972年型 スカニア L140型

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

キャブオーバー型スタイルが主流となった後も、ボンネット型トラックは一定の需要があることから生産が継続された。1972年にはLB110型と同様の設計思想を持った、近代的なデザインと装備を持つ新型ボンネット型トラックが登場。V8エンジンを搭載した「L140型」もラインナップされ、写真のような木材輸送に威力を発揮、木材運搬業者のあいだで人気を博した。

1974年型 スカニア LB111型 インテリア

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

デザイン性に優れ高い居住性を誇ったLB111型のインテリア。トランスミッションは前進10段のマニュアル式。

1977年型 スカニア LS111型

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

1958年にL75型として登場した姿を、1970年代も色濃く残していたLS111型。1980年まで発売されていた。

1977年型 スカニア LBS141型

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.02 〜戦後から1970年代まで〜

1974年になってスカニアのラインナップ全体に改良が加えられた「1シリーズ」が誕生、車名1の位に「1」が付与された。外観の差異は少ないが、ユニークなフロントのバッジがトレードマークとなった。LB140型の場合、「141」という数字がグリルに付けられる。V8エンジンは370hpにパワーアップされていた。

1970年代までの歴史を追うと、スカニアが戦後の復興を支え、経済や社会の発展に合わせてラインナップや性能を強化してきたことがわかります。キャブオーバー型トラックが主流となり1969年にV8モデルが追加されたことで、いよいよ現代の姿に近づいてきました。次回「スカニアトラック117年の歴史」VOL.03では、1990年代までをお送りします。どうぞご期待ください。

Text:遠藤 イヅル
Photo:SCANIA、遠藤 イヅル

>> 次回「革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」 VOL.03 〜1980年代から1990年代〜」は2019年6月上旬掲載予定です。

「スカニアトラック117年の歴史」VOL.01 〜創業から1945年まで〜 はこちら

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

車両輸送のパイオニアが選んだ、車載トレーラー用スカニア 〜株式会社小山運送様〜

今回ご紹介する株式会社小山(おやま)運送は、車載トレーラー(キャリアカー)用のスカニアトラクターを運用している。そこで取材陣は、同社が車載トレーラ用トラクターにスカニアを選び、実際に使っている感想をお聞きするべく、一路、同社本社がある熊本へと向かった。

CUSTOMER

スカニアへの熱意と、スカニアがもたらす温かな企業の発展〜山建運輸株式会社様〜

GRIFF IN MAGAZINEでは、これまで数多くのカスタマーを訪問し、ドライバーやその家族を大切にする社長、活気に満ち温かく元気なドライバー、スカニアに関わる人たちの「スカニアへの熱い思い」などもご紹介してきた。そして今回 訪れた、青森県青森市に本社を持つ山建運輸株式会社も、社員を思う社長に率いられ、スカニア導入によりさらなる発展を続けている企業だった。

CUSTOMER

GRIFF IN MAGAZINE創刊100号記念!印象的な記事を振り返る その2 〜スカニアの評価・導入効果・スカニア愛 編〜

スウェーデンに本社を置く、トラック・バス・産業および船舶用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。その日本法人、スカニアジャパンがお送りする公式Webマガジン『グリフィン・マガジン(GRIFF IN MAGAZINE)』は、先日100号を迎えることができました。今回は100号記念のスペシャル対談の第2回、「スカニアを愛する人々」編をお送りします。

Scania Japan

GRIFF IN MAGAZINE創刊100号記念!印象的な記事を振り返る その1 〜記憶に残る取材編〜

スウェーデンに本社を置く、トラック・バス・産業および船舶用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。その日本法人、スカニアジャパンがお送りする公式Webマガジン『グリフィン・マガジン(GRIFF IN MAGAZINE)』は、2016年3月の創刊以来、スカニアを運用するカスタマー、スカニア製品やサービスの特長、販売や整備を担うディーラーやスタッフのインタビューなどを掲載してきました。今回は100号を記念してスペシャル対談をお届けします。

Scania Japan

110年の歴史を誇るスカニア製バスの歴史を振り返るVOL.02〜1970年代から現在まで〜

『SCANIA(スカニア)』は、トラックだけでなくバスの分野でも世界有数のメーカーで、これまでに納入したバスの台数は、長距離バスだけでも17万台以上にのぼります。最近では、日本各地でもスカニア製エンジンを積んだ連節バス・路線バス・二階建てバスが活躍を始めており、その姿を目にする機会が増えています。1911年から1960年代を振り返った前回に続いて、今回は1970年代から現在にかけて登場したエポックメイキングなバスを貴重な写真とともにお送りします。

Scania’s History

世界を先導するスウェーデンのサステナビリティ

「サステナビリティ(持続可能性)」をスウェーデン語で、「Hållbarhet(ホルバールヘート)」といい、この言葉は、スウェーデンでは、本当によく見聞きします。『SCANIA(スカニア)』社でも、再生エネルギーを使用するなど環境的持続可能性に配慮しながら、持続可能な輸送システムの構築を模索し続けています。また、女性の社会進出や男女の賃金格差をなくすなど、社会的持続可能にも取り組み、地球の環境生態系と人間が共存し、良好な社会生活を営むことができるように、企業として何ができるのか考えながら、日々前進を続けています。

Culture