Culture

スウェーデンの復活祭、イースター。春の訪れを告げる一大行事をご紹介

長く厳しい冬が終わりを迎え、春の訪れを告げるかのようにやってくるのが、イースター(復活祭)です。スウェーデン語では、イースターのことを「Påsk(ポスク)」と呼び、クリスマスや夏至祭と並ぶ最も重要な年中行事の一つです。イースターが近づくと、色とりどりの「羽飾り」が木々に飾られ、カラフルなチューリップや黄色い水仙が町の至るところで見られるようになり、待ちに待った春の兆しに、人々の心が華やぎます。今回は、あまり知られていないスウェーデンのイースターについてご紹介します。

春が近づき、徐々に暖かくなってきた街の様子(Photo_Aline Lessner/imagebank.sweden.se)

イースターって、どんなお祭り?!

クリスマスに比べると、まだまだ日本では知名度が低いイースター、本来は、復活祭という名称からも想像されるように、キリストの復活を祝うキリスト教のお祭りです。キリスト教ではイースターは最も重要な行事とされていますが、スウェーデンでは既に宗教色は薄れ、長く厳しい冬が終わり訪れた春を家族や親戚、友人とともに祝う行事となっています。

移動祝祭日であるイースターは毎年日にちが異なり、3月下旬から4月中旬の週末にあたります。2020年は4月10日から13日がイースターの祭日になります。聖金曜日からイースターマンデーまでの4連休となる週を「Påskveckan(ポスクベッカン)」と呼び、子どもたちはその週の前後どちらかの週を含めて10連休のイースター休暇となります。オフィスやお店が休みになることも多いため、クリスマス同様に休暇を取る人が多く、家族や親戚で集まってお祝いをすることが多い行事です。

イースターの時期、至るところで見られる飾りがされた木々たち(Photo_Lola Akinmade Åkerström/imagebank.sweden.se)

イースターの魔女がやってくる?!

スウェーデンのイースターのお祝いの始まりは「聖金曜日」の前日の聖木曜日に、子どもたちが頬を赤く塗り、そばかすを付けて、スカーフを巻き「Påskkärring(ポスクシャーリング)」と呼ばれる魔女に仮装し、アメリカのハロウィンのようにお菓子をもらって歩くことから始まります。聖木曜日は正式な休日ではないのですが、半日休みになる学校や職場が多く、スウェーデンのイースターに欠かせません。なぜ魔女に仮装するのかというと、その昔の魔女狩りに由来するともいわれており、イースターの前の木曜日に箒にのって「Blåkulla(ブロークッラ)」と呼ばれる青い丘へ飛んでいき、復活祭の日曜日に戻ってくるという古い言い伝えがあるためです。1800年代から続いているといわれるこの風習、地域によって聖土曜日に行うところもあり、今でもスウェーデン語の「ハッピーイースター!」にあたる「Glad Påsk! (グラード・ポスク)」と言いながら近所を回りお菓子をもらう子どもたちの姿を見かけることができます。

この時期に街に溢れる魔女の仮装をした子ども達(Photo_Fredrik Nyman/imagebank.sweden.se)

魔女の仮装をして近所を回り、お菓子をもらう子ども達(Photo_Lena Granefelt/imagebank.sweden.se)

イースターエッグと大量のお菓子

イースターといえば、カラフルな色や絵で装飾された「Påskägg(ポスクエッグ)」と呼ばれるイースターの卵です。卵は新しい生命の誕生、復活の象徴であり、スウェーデンのイースターに欠かせません。本物の卵をゆでて、家族みんなで色を塗ったり絵を描いたりして、お祝いの準備をします。そして、何より欠かせないのが、スウェーデン人が好んでやまない「Godis(グーディース)」と呼ばれるお菓子です。グミやチョコレート、キャラメルや飴、リコリスなどのお菓子の総称で、普段から土曜日は「Godisの日」とされ、このお菓子を食べる習慣があるのですが、イースターには、卵型のチョコレートやキャンディー、うさぎやひよこの形をしたグミやマシュマロなども出回り、これらのお菓子を卵型の入れ物に入れてプレゼントするのがスウェーデン流です。このお菓子、なんと1200年代から食べられており、当時高級品であった砂糖で作られたお菓子を食べることはこの上ない贅沢であったそうです。今では簡単に手に入るお菓子ですが、この伝統は守られ、イースター週間だけでスウェーデンでは毎年6000トンものお菓子が売られます。

お祝いの準備のため、卵に色を塗る子ども達(Photo_Lena Granefelt/imagebank.sweden.se)

イースターで食べられる代表的なお菓子、卵型チョコレート(Photo_Lola Akinmade Åkerström/imagebank.sweden.se)

イースターエッグに入った「Godis(グーディース)」(Photo_Magnus Liam Karlsson/imagebank.sweden.se)

色鮮やかなイースターの飾り

スウェーデンでは、クリスマス同様にイースターに合わせて庭や家の中を飾り付ける習慣があります。イースターの頃は、だいぶ春らしくなったといってもまだまだ寒さが残る時期で、木々に新緑は見られません。そんな木々を彩るのが「Påskris(ポスクリース)」と呼ばれる白樺などの枝に卵の飾りやカラフルな色の「羽飾り」を飾ったものです。色鮮やかな卵や羽が人々の心に華やかさをもたらします。この他にも、イースターバニーで有名なうさぎは、スウェーデン語では「Påskhare(ポスクハーレ)」と呼ばれ、ひよこの置物と並んで人気があります。イースターのメインカラーは黄色とされており、イースターの花も「Påsklilja(ポスクリリア)」と呼ばれる黄色の水仙が一般的です。

イースターの飾り付け用に、春の花を摘む子ども達(Photo_Ulf Lundin/imagebank.sweden.se)

イースターでよく見られるカラフルな飾り付け(Photo_Fredrik Nyman/imagebank.sweden.se)

町に咲く黄色い水仙の花(Photo_Mona Loose/imagebank.sweden.se)

卵が欠かせないイースターの食事

スウェーデンでは、イースターの食事は聖金曜日に食べられることが多く、内容は卵とラム肉や魚料理というのが一般的です。近年では、ビュッフェ形式にして、ニシンの酢漬けやミートボール、スウェーデンのジャガイモ料理の定番「ヤンソン氏の誘惑」などを食べる家庭も増えてきましたが、クリスマスや夏至祭の食事に比べると簡素な印象を受けます。テーブルコーディネートは黄色で統一され、チューリップや水仙などの花が飾られます。デザートも卵を形どったものや黄色が用いられたものが出されることが多く、イースターエッグのお菓子とともに食べられます。飲み物は、クリスマスの時に好んで飲まれる「Julmus(ユースムス)」によく似た「 Påskmus(ポスクムス)」と呼ばれる、コーラに似たドリンクが欠かせません。もちろん、イースター用のビールやスナップス(Snaps)やヌッベ(Nubbe)と呼ばれるアルコール度が30度を超える蒸留酒もよく飲まれ、家族や親戚、友人と楽しいひと時を過ごします。

スウェーデンのイースター、いかがでしたでしょうか。イースターとともに春の訪れを実感し、スウェーデンの人々はいよいよ心待ちにした夏の到来を実感します。

お菓子だけでなく食事でも卵が多く使われる(Photo_Elliott Elliott/imagebank.sweden.se)

イースターの食事は卵とラム肉や魚料理などが多い(Photo_Jakob Fridholm/imagebank.sweden.se)

Text:サリネン れい子
Main Photo:Lena Granefelt/imagebank.sweden.se

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

NEW

【新年のご挨拶】難局面でも挑戦を続けたスカニアと、日本で開花しつつある「サステナビリティ」〜スカニアジャパン 代表取締役社長 ミケル・リンネル氏インタビュー〜

【新年のご挨拶】新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、これまでとはまったく違う年になった2020年。スカニアジャパンにおいても、2019年に全国を縦断して、『SCANIA(スカニア)』製品の良さを多くのユーザーに伝えたイベント「スカニアキャラバン」のような、積極的なプロモーション展開が難しくなりました。しかしその中でも、スカニアジャパンの歩みは止まることはなく、スカニア製品の日本市場での活躍が、さらに見られるようになりました。そんな激動の2020年と、明るい兆しに期待する2021年について、様々な視点からミケル・リンネル氏にお話を伺いました。

Scania Japan

安全な石油製品輸送に貢献する、日本初のタンクトレーラー用スカニア 〜株式会社コーエイ様〜

日常で何気なく使っているガソリン・軽油・灯油などの石油製品。生活していく上で、電気・水道・ガスと並んで、なくてはならない存在なのは言うまでもない。今回は、石油を運ぶのに不可欠なタンクトレーラー牽引用トラクターとして日本で初めて『SCANIA(スカニア)』を導入し、現在では6台のスカニアを持つ株式会社コーエイを訪れ、お話を伺った。

CUSTOMER

Try & Action!――スカニアが運ぶ未来への想い 〜株式会社カネヨシ〜

「スカニアの美点」である高出力・優れた燃費・乗り心地の良さ・快適性を武器に、日本国内でも着実にその台数を増やしている『SCANIA(スカニア)』のリジッドトラック。今回取材に訪れた、愛知県みよし市に本社を構える総合物流企業・株式会社カネヨシもスカニアリジッドトラックを3台運用する。同社で保有する約100台のトラックの中でも、3台のスカニアには特別な塗装を施すなど、スカニア愛に溢れる同社のみなさんに話を伺った。

CUSTOMER

重量物輸送で「スカニアだからこそできること」〜世新建設運輸株式会社〜

「スカニアでなければならない」と数多くの採用企業から大きな支持を得ている『SCANIA(スカニア)』のトラクター。今回取材に訪れた、神奈川県横浜市泉区に本社を構える世新(せいしん)建設運輸株式会社も、スカニア製トラクター導入企業のひとつである。渋谷駅前に保存展示してあった「東急5000系(初代。愛称:青ガエル)」を、「忠犬ハチ公」でゆかりのある秋田県大館市に運ぶ大役も引き受けた同社のみなさんに話を伺った。

CUSTOMER

スカニアが与えてくれた、企業発展に必要な「誇り」と「次へのステップ」〜富山県初のスカニアディーラー、ワタヤテクノトラスト様〜

『SCANIA(スカニア)』は、大型トラック、バス、産業用エンジンメーカーで、全国各地に34店舗(販売ディーラー12店舗含む)を構えており、サービスネットワークを着実に増加させている。その中で、2020年誕生の最新ディーラーが、富山県富山市のワタヤテクノトラスト株式会社だ。北陸エリアとしては2拠点目、富山県では初のスカニアディーラーとなった。今回は9月末に行われた、スカニア展示会のレポートとともにワタヤテクノトラスト株式会社のみなさんに話を伺った。

Dealer

スカニアジャパン 代表取締役社長、ミケル・リンネル氏がスウェーデンのペールエリック・ヘーグベリ大使と語り合う 「スウェーデンと日本、そしてサステナブル」

今回お届けするのは、『SCANIA(スカニア)』の日本法人スカニアジャパン 代表取締役社長のミケル・リンネル(Mikael Lindner)氏がスウェーデン大使館を訪れ、着任ちょうど1年のペールエリック・ヘーグベリ(Pereric Högberg)大使と向き合うGRIFF IN MAGAZINEのスペシャル対談。日本の印象。スカニアのイメージ。そしてスウェーデンがもっとも得意とするサステナブルの真意などのお話をうかがいました。

Culture