Culture

人気アニメ『双星の陰陽師』とSCANIAがコラボレーション。双星号が都内を駆ける。 声優・潘めぐみさん、芹澤優さんからコメントも到着!

集英社の月刊漫画雑誌ジャンプSQ.にて13年12月号より連載が始まり、今年の4月6日(水)からはテレビ東京系にてアニメ放送が開始したバトルアクション・ファンタジー『双星の陰陽師』と、その躍動感溢れる世界観に共感した『SCANIA(スカニア)』とのコラボレーション企画が実現した。

双星の陰陽師は日本古来の陰陽師を題材に、躍動感溢れるバトルシーンと、神託によって“双星の陰陽師”の称号を与えられた男女2人をめぐる人間ドラマとが交差し、男女を問わず多くのファンに支持されている人気作品。アニメ放映開始直前には、G16キャブに日本フルハーフ製ドライウィングコンテナを装備したトラックを完全オリジナルデザインで仕上げたコラボレーションモデル「双星号」が完成し、3月26日(土)、27日(日)に開催された日本最大級のアニメイベントAnimeJapan 2016の会場周辺でお披露目された。

_MG_2826

「双星号」は全長11,900mm、全幅2,490mm、全高3,005mm、車両重量9,620kg。DC13エンジンが産み出す410HPの出力と扱い易いトルク特性で実用性にも優れる。

双星号、初披露の舞台となったイベントAnimeJapan 2016

双星アニメジャパンステージ写真0326_

多くの来場客で賑わう会場の東京ビッグサイトには巨大なキービジュアルが目を引く双星の陰陽師ブースが登場。陰陽師の敵“ケガレ”と一緒に写真が撮影できるフォトスポットに加えて「双星のセーマン・ラリー」と題したスタンプラリーも実施され、指定の5か所を回って異なる5つのスタンプで五芒星(セーマン)を完成させると先着で双星の婚姻届が手に入るこの企画のために、様々な来場者が各ブースを回る姿も印象的だった。また、2日間にわたって7名のキャストが集結した「双星の陰陽師 レゾナンステージ」も開催。アフレコ時のエピソードなどを交えながらのトークにはブースに収まりきらないほどの来場者が詰めかけ、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

_MG_2841

_MG_2791

_MG_2782

その会場周辺を周遊した双星号は、専用設計のコンテナを装備した所謂「単車」。左側面を情熱的なレッドと主人公・焔魔堂ろくろ(えんまどうろくろ)のイラスト、右側面をクールなブルーとヒロイン・化野紅緒(あだしのべにお)のイラストでラッピングし、各部に霊符をイメージしたモチーフが追加されている。会場周辺を周遊する姿に遠方からでも惹きつけられる鮮やかなカラー&イラストのインパクトは巨大トラックならではだ。当日は化野紅緒役の潘めぐみさんと音海繭良(おとみまゆら)役の芹澤優さんが双星号と初対面。アニメの見どころや双星号への感想をうかがった。

_MG_2504

化野紅緒役の潘めぐみさん(左)と音海繭良役の芹澤優さん(右)

潘めぐみさん

双星の陰陽師はアクションも多いですが、キャラクターひとりひとりが抱える過去やバックボーンも深くて、その人間ドラマにもグッとくる作品だと思っています。ろくろと紅緒は最初はお互いが「フンッ!」という雰囲気ですが、周りの人々を通してお互いのことを知っていくので、人とのかかわり合いが大切に描かれている作品だなぁと思います。紅緒を演じる上では感情表現としては抑えつつ、でも心の中には熱いものを抱えている雰囲気を出せるように右往左往しているところです。

双星号は実際目の前にしてみると大きいですが、トラックの下を見ると霊符になっていたりと細かいディテールにもこだわりを感じますね。色も青と赤で目を惹くので、見かけたらぜひ追いかけてもらいたいです(笑)。

芹澤優さん

双星の陰陽師を初めて読んだ時に、もっともっと読みたいと思ってどんどん引き込まれていきました。私はろくろと紅緒ちゃんの素直じゃない関係が好きで、あの2人のキャラクターはつい応援したくなってしまいますよね(笑)。繭良は戦闘シーンが多い作品の中でも前半は学校のように日常の場面で出てくることが多いので、戦いとのギャップや、幼馴染みならではのろくろにしか見せない表情を声で表現出来たらなと思っています。

双星号はバスが小さく見えるほどで、サイズ感がケタ違いですね!その分、双星の陰陽師にかける色々な方の思いが感じられるので、自分も芝居で返していかなきゃ、と思います。

花江さんがゆくケガレ祓い inアニメイト訪問&第一話先行上映会

A (2)

花江夏樹_お清めアニメイト訪問

続いてアニメ放送直前となる4月4日(月)には、主人公・焔魔堂ろくろ役の花江夏樹さんが双星号に乗り込み、コミックス8巻・ジャンプSQ.・週刊少年ジャンプ発売を記念してアニメイト店舗のケガレ祓いのため都内を周回。アニメイト池袋店・アニメイト新宿店・アニメイト秋葉原店の3店舗の「双星の陰陽師」コーナーに花江さんにより霊符が貼られた。また、各店舗には696(ろくろ)枚の黒い霊符も花江さんが奉納。

A (1)

また、この日は第1話の先行上映会も行なわれ、花江夏樹さん、潘めぐみさん、芹澤優さん、そして国崎慎之助(くざきしんのすけ)役の山下大輝さんが登壇。それぞれが演じるキャラクターへの愛に溢れたトークでファンを魅了した他、イベント終盤には各キャストが感じる作品の魅力や放送開始に向けての意気込みも語られるなど、双星の陰陽師にかかわる様々な人々の情熱が改めて感じられる一夜となった。

双星の陰陽師_スチール全員集合

スウェーデン生まれのスカニアが様々な物流をサポートすることで運んでいるのは、そうした「人々の思い」でもある。多くのスタッフ&キャストの思いが形になった日本のカルチャーとのコラボレーションは、スカニアのそんな側面を改めて感じさせるものとなった。アニメ双星の陰陽師は毎週水曜夕方6時25分よりテレビ東京系にて放送中。同作品とスカニアのコラボレーションに、今後もご期待いただきたい。
_MG_3075

SCANIA×双星の陰陽師 特設サイト
TVアニメ公式サイト
ジャンプSQ.公式サイト
テレビ東京・あにてれ

Text:Jin Sugiyama

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

NEW

110年の歴史を誇るスカニア製バスの歴史を振り返るVOL.01〜1911年から1960年代まで〜

『SCANIA(スカニア)』は、トラックだけでなくバスの分野でも世界有数のメーカーで、これまでに納入したバスの台数は、長距離バスだけでも17万台以上にのぼります。最近では、日本各地でもスカニア製エンジンを積んだ連節バス・路線バス・二階建てバスが活躍を始めており、その姿を目にする機会が増えています。そこで今回から2回にわたり、1911年に登場して以来、2021年で110年の歴史を誇るスカニア製バスのヒストリーを、貴重な写真とともにお送りします。

Scania’s History

「居心地がよい会社」を目指す企業が選んだ、スカニアというチョイス〜有限会社吉田商事様〜

GRIFF IN MAGAZINEでは、これまで数多くの『SCANIA(スカニア)』採用企業にインタビューを行ってきた。その際に聞くことができたのは、スカニア製品がもたらす様々なメリットである。中でも、改めて注目したいのは「スカニアの導入は、ドライバーを大切に思う証になる」という点だ。愛知県豊川市に本社を置く有限会社吉田商事も、近年ドライバーのためにスカニアを積極的に採用している企業で、2021年2月現在、トラクター3台、ウイングボディのリジッドトラックを計5台運用している。代表取締役 吉田 悟氏にスカニアを導入した経緯や理由などをお聞きした。

CUSTOMER

着々と活躍の場を増やしている、北の大地のスカニア〜株式会社武藤興業運輸様・K.DASH TRANS株式会社様〜

スウェーデンのセーデルテリエに本社を持つ、世界的なトラック・バス・産業用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。日本では、2010年に設立された日本法人のスカニアジャパンによって輸入販売が行われており、その姿を目にする機会も増えてきた。2019年2月には、「株式会社滝川自工」が北海道初のスカニアディーラーに。広大で美しい風景がどこか北欧を思わせる北海道で、続々とスカニアが走り始めている。この記事では、最近新たにスカニアを導入した道内2つの企業と、活躍するスカニアの勇姿をご紹介する。

CUSTOMER

タンクトレーラー用スカニアが拓く、北海道の新たな石油製品輸送 〜北海道エネライン株式会社様〜

日々の生活で必要不可欠なエネルギー。中でも、重油・ガソリン・軽油・灯油などの石油製品は、供給が止まると生活や経済に影響を及ぼすほどの重要な生活関連物資だ。札幌市に本社を置く北海道エネライン株式会社は、その大切な石油製品輸送用車両に、『SCANIA(スカニア)』を採用。親会社である北海道エネルギー株式会社の代表取締役社長 木村 信広氏、スカニアジャパン 代表取締役社長のミケル・リンネル氏も来道した納車式のレポートとともに、北海道エネラインの皆様のお話をご紹介します。

CUSTOMER

【新年のご挨拶】難局面でも挑戦を続けたスカニアと、日本で開花しつつある「サステナビリティ」〜スカニアジャパン 代表取締役社長 ミケル・リンネル氏インタビュー〜

【新年のご挨拶】新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、これまでとはまったく違う年になった2020年。スカニアジャパンにおいても、2019年に全国を縦断して、『SCANIA(スカニア)』製品の良さを多くのユーザーに伝えたイベント「スカニアキャラバン」のような、積極的なプロモーション展開が難しくなりました。しかしその中でも、スカニアジャパンの歩みは止まることはなく、スカニア製品の日本市場での活躍が、さらに見られるようになりました。そんな激動の2020年と、明るい兆しに期待する2021年について、様々な視点からミケル・リンネル氏にお話を伺いました。

Scania Japan

安全な石油製品輸送に貢献する、日本初のタンクトレーラー用スカニア 〜株式会社コーエイ様〜

日常で何気なく使っているガソリン・軽油・灯油などの石油製品。生活していく上で、電気・水道・ガスと並んで、なくてはならない存在なのは言うまでもない。今回は、石油を運ぶのに不可欠なタンクトレーラー牽引用トラクターとして日本で初めて『SCANIA(スカニア)』を導入し、現在では6台のスカニアを持つ株式会社コーエイを訪れ、お話を伺った。

CUSTOMER