Culture

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

クリスマスのお祝いは、その国の文化と伝統が色濃く出ます。中でもスカニアの母国スウェーデンのクリスマスは、ヨーロッパでも独特の文化で彩られています。クリスマスマーケットが始まる11月末から、サンタクロースがやってくるクリスマスイブの12 月24 日、そしてクリスマスツリーを窓から投げ捨てる(?)クリスマスの終了まで、スウェーデンではどんな風にクリスマスを過ごすのか、一挙にご紹介します。

アドベントで始まるクリスマスの準備

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

クリスマスの25日までを数えるアドベントロウソク立て(Photo _ Simon Paulin / imagebank.sweden.se)

「Advent(アドベント)」という言葉をご存知でしょうか。もともとはキリストの降誕を待ち望む期間のことで、クリスマスの25日から遡ること4週間前の日曜日を第1アドベントとし、約1ヶ月ものあいだ、毎週第1、第2、第3、第4アドベントと数を数えながらクリスマスを待ち望むのです。その年のクリスマスの日が何曜日になるかによって多少ずれますが、だいたい11月の最終日曜日か12月の最初の日曜日が第一アドベント(2018年は12月2日)で、4本のロウソクを立てることができる「アドベントロウソク立て」に毎週1本ずつ蝋燭を灯しながらクリスマスの準備をします。

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

アドベントを彩る星のオーナメント(Photo _ Helena Wahlman / imagebank.sweden.se)

アドベントとともに登場するのが、12月1日から始まる「アドベントカレンダー」。クリスマスカレンダーというとわかる方も多いかと思います。クリスマスまでの毎日、その日の日付の窓やポケットを開けながら、なかに入っているチョコレートや小さなおもちゃを楽しんだり、クイズに答えたりしながら、クリスマスの日を待ちます。スウェーデンではクリスマスカレンダーの子ども番組やラジオ放送もあり、人々は毎日放送を楽しみにしています。

週末のアドベント・フィーカに欠かせないルッカセットとジンジャークッキー

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

アドベントの期間中のフィーカではルッセカット(中央左側)というパンやジンジャークッキーを楽しみます(Photo _ Emelie Asplund / imagebank.sweden.se)

アドベントの週末には「Advent Fika(アドベントフィーカ)」と呼ばれるコーヒータイムを催します。そんなときに欠かせないお茶のお供が「Lussekatter(ルッセカット)」と呼ばれるサフラン味のパンとPepparkakor(ジンジャークッキー)です。どちらもスウェーデンのクリスマスにはなくてはならない味で、家庭で手作りをすることも多いのです。

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

ヨーロッパのクリスマスで振る舞われるホットワインも(Photo _ Helena Wahlman / imagebank.sweden.se)

これに合わせて飲むのが、Glögg(グロッグ)と呼ばれるホットワイン。レーズンと松の実を淹れて飲むと、温かさが体と心に染み渡ります。冷たい飲み物の代表はJulmust(ユールムスト)と呼ばれるコーラに似た飲み物で、クリスマスの食事に合う、アルコールフリーの飲みやすいスウェーデン独特の飲み物です。

クリスマスデコレーションやクリスマスマーケットを楽しむ週末

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

スウェーデンの家庭を飾るクリスマスらしさ溢れるオーナメント(Photo _ Helena Wahlman / imagebank.sweden.se)

スウェーデンの11月の気温は太陽が出る日で一桁台に、さらに午後16時頃には陽が落ちるという、暗く寒い暗黒の日々が続きます。そんな毎日が一変するのが、クリスマスの飾りつけが行われる第一アドベントの週末です。「クリスマスの星」と呼ばれる星の形をしたライトと山形の蝋燭立ての形をした「アドベントのキャンドルライト」が窓辺を飾り、一気にクリスマスムードになります。そして町もクリスマスデコレーションがいたるところに施されます。

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

スウェーデンの首都ストックホルムにある老舗デパート「ノーディスカ・コンパニー」を彩るクリスマスデコレーション(Photo _ NK)

スウェーデンのクリスマスデコレーションといえば、ストックホルムの老舗「ノーディスカ・コンパニー」なるデパートのクリスマスウインドウです。毎年クリスマスをテーマに趣向を凝らしたデコレーションが施され、これを見るのを楽しみにしているスウェーデン人がたくさんいます。

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

ストックホルム旧市街のクリスマスマーケット(Photo _ Ulf Lundin / imagebank.sweden.se)

アドベントの週末とともに、スウェーデン中で開催されるのがクリスマスマーケット。学校や団体が行うクリスマスマーケットから、ストックホルム旧市街の有名なクリスマスマーケット、スウェーデンの港町ヨーテボリにある遊園地のクリスマスマーケットまで、多くのクリスマスマーケットがクリスマスまで毎週末開催されます。一昔前はクリスマスマーケットでプレゼントが用意されていたのですが、最近はそれも少し減ってきたよう。それでもみんな楽しみにしているクリスマスマーケットには、多くの人々が出かけます。

スウェーデンの夜に光をもたらす「ルシア祭」

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

スウェーデンの教会で催されるルシア祭の様子(Photo _ Ola Ericson / imagebank.sweden.se)

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

クリスマスに街の施設を回るルシアの少女たち(Photo _ Cecilia Larsson Lantz / Imagebank.sweden.se)

アドベントとともにスウェーデンのクリスマス前になくてならないのが、12月13日に行われるルシア祭です。「光の祭」とも言われるこのお祭りはキリスト教の聖人「ルシア」を祝う行事で、「サンタ・ルシア」の歌をを歌いながら蝋燭の冠を被ったルシアの少女が先頭に立ち、「ターナー」と呼ばれるルシアのお付きや星の少年、サンタ、ジンジャークッキーと連なり、町や学校など各地の施設を練り歩きます。この日は、朝から晩まで幼稚園から教会、老人ホームに病院とスウェーデン中でルシアの行列を見ることができ、いよいよクリスマスがやってくるという光を感じることができるのです。

クリスマスイブにサンタクロースとドナルドダック!?

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

スウェーデンの一般的な家庭でのクリスマス風景(Photo _ Carolina Romare / imagebank.sweden.se)

スウェーデンのクリスマスはキリスト教に由来しており、そのためキリスト生誕のお祝いとされていますが、北欧文化とバイキングの時代からの伝統も受け継ぎながら今に至っていることもあり、現代では宗教的なお祝いというよりは伝統的な行事という意味合いの方が強いです。

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

もちろんサンタクロースもやってきます!(Photo _ Carolina Romare / imagebank.sweden.se)

そんなスウェーデンのクリスマス、メインのお祝いはクリスマスイブの12月24日。サンタクロースがやってくるのも当然24日ですが、入ってくるのは煙突からではなく玄関から。そして、このクリスマスイブに欠かせないのがなんとドナルドダック! 1960年代からスウェーデン国営放送で放送され始めた「ドナルドダックと彼の仲間たち」という番組はスウェーデンのクリスマスのマストアイテム。今でもクリスマスイブの15時に家族で毎年この番組を見ることが伝統となっているのです。

メインはクリスマスハム、ビュッフェスタイルで食べるクリスマス料理

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

家族で楽しむスウェーデンの一般家庭でのクリスマスパーティ(Photo _ Carolina Romare / imagebank.sweden.se)

スウェーデンのクリスマス料理は、バイキング料理発祥の国らしく、Julbord(ユールボード)と呼ばれるビュッフェスタイル。ユールボードは11月中旬になるとレストランで見かけるようになり、第1アドベントとともに本格的になり、職場などの年末パーティで食べることが多くなります。

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

豚のクリスマスハムをはじめ、スウェーデン伝統の料理がクリスマスの食卓を彩ります(Photo _ Helena Wahlman / imagebank.sweden.se)

ユールボートのメインは豚のクリスマスハムで、マスタードと一緒に食べます。このほかにミートボールやソーセージ、”ヤンソン氏の誘惑”という名前のアンチョビ入りポテトグラタン、ニシンの酢漬けやいろんな種類のサーモンなどの魚料理も並びます。さらにもう一つの定番料理と言えば、イブの朝に食べるミルク粥。このミルク粥のなかにアーモンドを一粒入れる習慣があり、アーモンドが入っていた人は近いうちに結婚するという言い伝えがあります。残ったミルク粥にミカンの缶詰をいれると、クリスマスの定番デザート「Ris ala malta(リース・アラ・マルタ)」になります。

日本のお正月のような伝統を持つスウェーデンのクリスマス

アドベントやクリスマスマーケット、ルシア祭などを楽しみながら、クリスマスに向けて大掃除や準備をしていくスウェーデンのクリスマスは、日本のお正月のような感じで家族でお祝いをします。しかし、残念ながら誰もが一緒にいることができる家族がいるわけではありません。何らかの理由でクリスマスを一緒に祝うことができる家族がいない人々もいらっしゃるのですが、そんな人たちのために活動をしている慈善事業団体などに寄付をするのも、福祉の国と呼ばれるスウェーデンらしい伝統です。こうしてアドベントから始まったクリスマスは「Tjugonde dag Knut」と呼ばれる1月13日に、ツリーの周りでダンスをして、窓からツリーを投げ捨てるという行事で終わりを告げます。

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

(Photo _ Ola Ericson / imagebank.sweden.se)

スウェーデンのクリスマス、いかがでしたか。日本はもちろん、ヨーロッパのそれとも異なる伝統を持つスウェーデンのクリスマス。一度経験してみませんか?

Text:サリネン れい子

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

NEW

110年の歴史を誇るスカニア製バスの歴史を振り返るVOL.02〜1970年代から現在まで〜

『SCANIA(スカニア)』は、トラックだけでなくバスの分野でも世界有数のメーカーで、これまでに納入したバスの台数は、長距離バスだけでも17万台以上にのぼります。最近では、日本各地でもスカニア製エンジンを積んだ連節バス・路線バス・二階建てバスが活躍を始めており、その姿を目にする機会が増えています。1911年から1960年代を振り返った前回に続いて、今回は1970年代から現在にかけて登場したエポックメイキングなバスを貴重な写真とともにお送りします。

Scania’s History

世界を先導するスウェーデンのサステナビリティ

「サステナビリティ(持続可能性)」をスウェーデン語で、「Hållbarhet(ホルバールヘート)」といい、この言葉は、スウェーデンでは、本当によく見聞きします。『SCANIA(スカニア)』社でも、再生エネルギーを使用するなど環境的持続可能性に配慮しながら、持続可能な輸送システムの構築を模索し続けています。また、女性の社会進出や男女の賃金格差をなくすなど、社会的持続可能にも取り組み、地球の環境生態系と人間が共存し、良好な社会生活を営むことができるように、企業として何ができるのか考えながら、日々前進を続けています。

Culture

サステナブルな輸送のシフトに向けた最適なパートナー〜HAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社〜

日本最大規模の外食チェーンのサプライチェーンマネジメントを一手に引き受けるHAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社 (以下HAVIジャパン) は、新たに導入する大型冷凍車に、サステナブルな輸送へのシフトをリードする企業『SCANIA(スカニア)』のトラックを採用した。納車式のレポートと併せて、HAVIジャパン 職務執行者社長 下岡 弘幸氏にお話を伺った。

CUSTOMER

110年の歴史を誇るスカニア製バスの歴史を振り返るVOL.01〜1911年から1960年代まで〜

『SCANIA(スカニア)』は、トラックだけでなくバスの分野でも世界有数のメーカーで、これまでに納入したバスの台数は、長距離バスだけでも17万台以上にのぼります。最近では、日本各地でもスカニア製エンジンを積んだ連節バス・路線バス・二階建てバスが活躍を始めており、その姿を目にする機会が増えています。そこで今回から2回にわたり、1911年に登場して以来、2021年で110年の歴史を誇るスカニア製バスのヒストリーを、貴重な写真とともにお送りします。

Scania’s History

「居心地がよい会社」を目指す企業が選んだ、スカニアというチョイス〜有限会社吉田商事様〜

GRIFF IN MAGAZINEでは、これまで数多くの『SCANIA(スカニア)』採用企業にインタビューを行ってきた。その際に聞くことができたのは、スカニア製品がもたらす様々なメリットである。中でも、改めて注目したいのは「スカニアの導入は、ドライバーを大切に思う証になる」という点だ。愛知県豊川市に本社を置く有限会社吉田商事も、近年ドライバーのためにスカニアを積極的に採用している企業で、2021年2月現在、トラクター3台、ウイングボディのリジッドトラックを計5台運用している。代表取締役 吉田 悟氏にスカニアを導入した経緯や理由などをお聞きした。

CUSTOMER

着々と活躍の場を増やしている、北の大地のスカニア〜株式会社武藤興業運輸様・K.DASH TRANS株式会社様〜

スウェーデンのセーデルテリエに本社を持つ、世界的なトラック・バス・産業用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。日本では、2010年に設立された日本法人のスカニアジャパンによって輸入販売が行われており、その姿を目にする機会も増えてきた。2019年2月には、「株式会社滝川自工」が北海道初のスカニアディーラーに。広大で美しい風景がどこか北欧を思わせる北海道で、続々とスカニアが走り始めている。この記事では、最近新たにスカニアを導入した道内2つの企業と、活躍するスカニアの勇姿をご紹介する。

CUSTOMER