Culture

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカを体験!美味しいお菓子とともに楽しい時間を生活の一部に

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカ。毎日の忙しさの中で、リラックスした雰囲気で会話をする時間を確保するのはとても大切なことです。コーヒーを飲みながら、お菓子を食べながら過ごす時間で新しいアイデアがうまれたりもします。今回はそんなスウェーデンのフィーカの風習をご紹介しましょう。

コーヒーを飲みながら会話を楽しむフィーカ(Fika)とは?

スウェーデン語で「フィーカ(=Fika)」とは「コーヒーを飲む」という意味を持つ。フィーカが重要なのは単なる休憩ではなく、「コーヒーを飲みながら他の人と会話を楽しむこと」で、スウェーデンではこの時間をとても大切な時間であると捉え、きちんとフィーカをする時間を用意する。つまりフィーカはごく当たり前に、家庭、学校、カフェ、職場で、同僚・友人や家族、恋人と行われる。そして、フィーカではコーヒー(紅茶の時もある)とともに甘いお菓子や軽食をそえるのが一般的だ。今回は、3月10日にスウェーデン大使館で行われた「ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2018 プレイベント」の合間に行われたFika Timeをご紹介する。

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカを体験!美味しいお菓子とともに楽しい時間を生活の一部に

フィーカではスウェーデンの伝統菓子、「セムラ」も振る舞われた。イースターの前に食べる期間限定のお菓子で、アーモンドペーストとホイップクリームを挟むパンにはカルダモン(ショウガ科の植物)が含まれているため、甘みの中にスパイシーさもあってクセになる。

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカを体験!美味しいお菓子とともに楽しい時間を生活の一部に

フィーカ会場の黄色いサインに記された「Glad påsk!(グラード ポスク)」とは、「Happy Easter!」のこと。スウェーデンの宗教感は世俗的になったとされるが、宗教を起源とする伝統行事は多く、春の復活祭のほか6月の「夏至祭」、8月の「ザリガニ祭」、そして12月の「ルシア祭」やクリスマスなどを祝う。

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカを体験!美味しいお菓子とともに楽しい時間を生活の一部に

セムラ以外にもスウェーデンのお菓子がたくさん振る舞われた。ただ甘いだけでなく、アクセントの効いた味のものが多く楽しめた。

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカを体験!美味しいお菓子とともに楽しい時間を生活の一部に

フィーカの飲み物にコーヒーと一緒に出されたのが「リンゴンサフト」というスウェーデンの飲み物。昨年は「セイヨウニワトコ」をベースとした「エルダーフラワーサフト」を頂けたが、今年は「コケモモ(リンゴン)」を煮詰めたシロップを水で割った「リンゴンサフト」が提供された。爽やかな味わいが印象的。

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカを体験!美味しいお菓子とともに楽しい時間を生活の一部に

ダーラナホース(幸せを呼ぶ馬)を型どったクッキー、どれもジンジャーが効いていて美味しい!

リラックスした雰囲気の中で会話をすると、思わぬ発見をしたり、自分でも想像しないようなアイデアがこぼれたりするので、休憩はとても大事な時間だ。先進的な工業国であるスウェーデンの製品や文化に革新性や温かみがあるのは、フィーカの風習が関わっているのではないかと思った。GRIFF IN MAGAZINEの読者の皆さんも、ぜひフィーカを実践してみてはいかがだろう。思いもよらぬ新しい発見に巡り合えるかもしれない。

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカを体験!美味しいお菓子とともに楽しい時間を生活の一部に

Text:遠藤 イヅル
Photos:YosukeKAMIYAMA

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

GRIFF IN MAGAZINE創刊100号記念!印象的な記事を振り返る その2 〜スカニアの評価・導入効果・スカニア愛 編〜

スウェーデンに本社を置く、トラック・バス・産業および船舶用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。その日本法人、スカニアジャパンがお送りする公式Webマガジン『グリフィン・マガジン(GRIFF IN MAGAZINE)』は、先日100号を迎えることができました。今回は100号記念のスペシャル対談の第2回、「スカニアを愛する人々」編をお送りします。

Scania Japan

GRIFF IN MAGAZINE創刊100号記念!印象的な記事を振り返る その1 〜記憶に残る取材編〜

スウェーデンに本社を置く、トラック・バス・産業および船舶用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。その日本法人、スカニアジャパンがお送りする公式Webマガジン『グリフィン・マガジン(GRIFF IN MAGAZINE)』は、2016年3月の創刊以来、スカニアを運用するカスタマー、スカニア製品やサービスの特長、販売や整備を担うディーラーやスタッフのインタビューなどを掲載してきました。今回は100号を記念してスペシャル対談をお届けします。

Scania Japan

110年の歴史を誇るスカニア製バスの歴史を振り返るVOL.02〜1970年代から現在まで〜

『SCANIA(スカニア)』は、トラックだけでなくバスの分野でも世界有数のメーカーで、これまでに納入したバスの台数は、長距離バスだけでも17万台以上にのぼります。最近では、日本各地でもスカニア製エンジンを積んだ連節バス・路線バス・二階建てバスが活躍を始めており、その姿を目にする機会が増えています。1911年から1960年代を振り返った前回に続いて、今回は1970年代から現在にかけて登場したエポックメイキングなバスを貴重な写真とともにお送りします。

Scania’s History

世界を先導するスウェーデンのサステナビリティ

「サステナビリティ(持続可能性)」をスウェーデン語で、「Hållbarhet(ホルバールヘート)」といい、この言葉は、スウェーデンでは、本当によく見聞きします。『SCANIA(スカニア)』社でも、再生エネルギーを使用するなど環境的持続可能性に配慮しながら、持続可能な輸送システムの構築を模索し続けています。また、女性の社会進出や男女の賃金格差をなくすなど、社会的持続可能にも取り組み、地球の環境生態系と人間が共存し、良好な社会生活を営むことができるように、企業として何ができるのか考えながら、日々前進を続けています。

Culture

サステナブルな輸送のシフトに向けた最適なパートナー〜HAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社〜

日本最大規模の外食チェーンのサプライチェーンマネジメントを一手に引き受けるHAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社 (以下HAVIジャパン) は、新たに導入する大型冷凍車に、サステナブルな輸送へのシフトをリードする企業『SCANIA(スカニア)』のトラックを採用した。納車式のレポートと併せて、HAVIジャパン 職務執行者社長 下岡 弘幸氏にお話を伺った。

CUSTOMER

110年の歴史を誇るスカニア製バスの歴史を振り返るVOL.01〜1911年から1960年代まで〜

『SCANIA(スカニア)』は、トラックだけでなくバスの分野でも世界有数のメーカーで、これまでに納入したバスの台数は、長距離バスだけでも17万台以上にのぼります。最近では、日本各地でもスカニア製エンジンを積んだ連節バス・路線バス・二階建てバスが活躍を始めており、その姿を目にする機会が増えています。そこで今回から2回にわたり、1911年に登場して以来、2021年で110年の歴史を誇るスカニア製バスのヒストリーを、貴重な写真とともにお送りします。

Scania’s History