Culture

スカニアジャパン 代表取締役社長、ミケル・リンネル氏がスウェーデンのペールエリック・ヘーグベリ大使と語り合う 「スウェーデンと日本、そしてサステナブル」

今回お届けするのは、『SCANIA(スカニア)』の日本法人スカニアジャパン 代表取締役社長のミケル・リンネル(Mikael Lindner)氏がスウェーデン大使館を訪れ、着任ちょうど1年のペールエリック・ヘーグベリ(Pereric Högberg)大使と向き合うGRIFF IN MAGAZINEのスペシャル対談。日本の印象。スカニアのイメージ。そしてスウェーデンがもっとも得意とするサステナブルの真意などのお話をうかがいました。

Culture

駅が美術館?!スウェーデン・ストックホルムの地下鉄アートとは

「世界で一番長いアートギャラリー」という異名をもつスウェーデンのストックホルムの地下鉄は、110キロメートルに渡って配置された約100の駅に、1950年代からの現代までの約150名の芸術家による、絵画、モザイク、彫刻、レリーフなど、様々な芸術作品が展示されています。今回は、そんなスウェーデンならではの機能性とデザインアートを体感できる地下鉄アートをご紹介します。

Culture

スウェーデンの復活祭、イースター。春の訪れを告げる一大行事をご紹介

長く厳しい冬が終わりを迎え、春の訪れを告げるかのようにやってくるのが、イースター(復活祭)です。スウェーデンでは、夏至祭(ミッドサマー )、クリスマスと並ぶ最も重要な年中行事の一つで、イースターが近づいてくると、待ちに待った春の兆しに、人々の心が華やぎます。今回は、あまり知られていないスウェーデンのイースターについてご紹介します。

Culture

春の訪れを楽しむスウェーデンの冬の暮らし方

長くそして暗い、スウェーデンの冬。四季ははっきりとしており、一般的に冬は11月から3月までとされ、短い夏と一瞬にして終わりを告げる秋が過ぎると、魔の11月が訪れ、日照時間は極端に少なくなります。今回は、そんなスウェーデンの人々の春の訪れを待ちわびながら楽しむ冬の暮らしをご紹介します。

Culture

スウェーデンの夏至祭、ミッドサマー。夏の到来を祝う伝統的なお祭りをご紹介

スウェーデンで、夏至に合わせて行われるお祭りがミッドサマーです。クリスマス、イースターと並び、スウェーデンの最も重要な年間行事の一つであり、今映画が上映されたことでも話題のミッドサマーとは、いったいどんなお祭りなのか、その由来、祝い方、食事の内容など、ミッドサマーのすべてをご紹介します。

Culture

スカニアの母国スウェーデンでのクリスマスまでの過ごし方、伝統的なデコレーションや料理をご紹介!

日本はもちろん、ヨーロッパの一般的なイメージとは異なる伝統で彩られたスウェーデンのクリスマス。スカニアを生んだ母国のクリスマスとはどんなものなのでしょう、スウェーデンの首都ストックホルム在住の専門家サリネン れい子さんに詳しくご紹介いただきます。

Culture

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカを体験!美味しいお菓子とともに楽しい時間を生活の一部に

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカ。毎日の忙しさの中で、リラックスした雰囲気で会話をする時間を確保するのはとても大切なことです。コーヒーを飲みながら、お菓子を食べながら過ごす時間で新しいアイデアがうまれたりもします。今回はそんなスウェーデンのフィーカの風習をご紹介しましょう。

Culture

人気アニメ『双星の陰陽師』とSCANIAがコラボレーション。双星号が都内を駆ける。 声優・潘めぐみさん、芹澤優さんからコメントも到着!

今年の4月からアニメ放送が開始した『双星の陰陽師』と『SCANIA』とのコラボレーション企画が実現。化野紅緒(あだしのべにお)役の潘めぐみさんと音海繭良(おとみまゆら)役の芹澤優さんにアニメの見どころや双星号への感想をうかがった。

Culture