CUSTOMER

SCANIAはドライバーのモチベーションの源 〜株式会社ロジックスライン様〜

スカニアを導入する「大いなる価値」 日本では、乗用車における輸入車のシェアがいよいよ10%に届く勢いで上昇している一方で、バン、トラックやバスなどの商用の輸入車に関しては、街中で見かける機会はまだ多くない。輸入車の場合、 […]

CUSTOMER

SCANIAエンジンを積む雪上車、RIZINの組み立て現場、大原鉄工所へ

大原鉄工所とスカニアのタッグで生まれた雪上車『雷刃(RIZIN)』  2017年で創業126周年を迎える北欧スウェーデンの『SCANIA(スカニア)』は、日本国内において2010年に日本の現地法人SCANIA JAPAN […]

CUSTOMER

SCANIAのドライバーになることは“優秀”の証! 〜株式会社 国際低温流通様〜

日本独自の文化や規格に合わせて、特に軽自動車とトラック・バスは日本市場での使用を主眼に設計されている傾向が強いと言える。そのため日本では海外メーカーのトラック・バスの数はまだまだ少ない。このような環境の日本の中で、北欧スウェーデンのトラック・バス・産業用エンジンメーカーであるスカニアを導入する会社には、いずれも「スカニアを選ぶ理由」がある。2016年に入ってスカニアを相次いで2台導入した、大手企業の冷凍輸送を引き受ける「株式会社 国際低温流通」(神奈川県川崎市)にも、スカニアだからこそ選ばれた、「スカニアでなければ成立しない、強く、大きな理由」が存在する。

CUSTOMER

SCANIAが運ぶ、新しい価値と「感動」 〜株式会社トランスウェブ様〜

日本国内のトラック・バス市場は国産メーカーが強いことは、路上を走るトラック・バスに海外製メーカーの車両が少ないことからもわかる。日本には独自に進化した車両に関する法規があり、それに即した車両、および日本特有の気候など風土にも合わせた車両を開発しやすい。そのような海外製トラック・バスには少々特殊な環境である日本国内においても北欧スウェーデンのトラック・バス・産業用エンジンメーカーである『SCANIA(スカニア)』のトラックを大量に運用する会社がある。それが、千葉県富里市に本拠を置く『株式会社トランスウェブ』である。

CUSTOMER

SCANIAエンジンを搭載した“新しい日本の二階建てバス”

『SCANIA(スカニア)』はスウェーデンのトラック・バスおよび産業用・船舶用エンジンメーカーで、2016年現在欧州、中南米、アジアなど世界100カ国以上に拠点を置くグローバル企業である。バスはスカニアの主力製品のひとつで、ストックホルム近郊・セーデルテリエに1891年に起業した鉄道車両製造会社『VABIS(ヴァビス)』とスカニアが合併して『SCANIA VABIS(スカニア-ヴァビス)』となった1911年から製造が開始されており、100年以上の歴史を有する。これまでに製造したバスはのべ17万台で、歴史と深さと実績の大きさが伺える。

CUSTOMER

SCANIAに託された、宇部興産ダブルストレーラーの未来

山口県・宇部市に本社を持つ『宇部興産』は、化学、医薬、建設資材、機械、エネルギー・環境の各分野で活躍する国内有数の大手総合化学メーカーである。全長31.94kmにも及ぶ「宇部興産専用道路」は私道扱いになるが、国内の高速道路のような最大4車線を持つ本格的なものだ。私道のため道路交通法などの法規制適用を受ける必要がないことから、工場内の構内道路などと同じくナンバープレートを持たない専用のトレーラー「ダブルストレーラー」を運用しており、30km超の私道、そこを走る巨大トレーラーというスケールの大きさで、国内のトラックファンの一部からは知られた存在となっている。

CUSTOMER

豪雪地長岡と北欧SCANIAのタッグで生まれた雪上車RIZIN

スウェーデンのトラック・バスおよび産業用・船舶用エンジンメーカーである『SCANIA(スカニア)』。その規模は大きく、2016年現在欧州、中南米、アジアなど世界100カ国以上に拠点を置くグローバル企業である。欧州の道路を運転したらスカニアのトラックやバスを見ないことは無いほどだ。またスカニアは前述の通り産業用エンジンのメーカーでもある。北欧の厳しい環境が生む耐久性や信頼性の高さはスカニアの大きな強みで、世界各国の建設現場で働くダンプトラック、ホイールローダー、砕石機などの多くにスカニアのエンジンが数多く採用されている。

CUSTOMER