CUSTOMER

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

オランダから日本までの陸路、約12,000kmという途方もない距離をスカニアの新トラックで走破するというとんでもない企画に挑戦したスカニアのユーザー、株式会社トランスウェブ。走りきったドライバーにしかわからないその道程での出来事や感想についてお話を伺いました。

オランダで引き取ったスカニアの新モデル、日本までの回送は「ユーラシア大陸横断」で!

以前GRIFF IN MAGAZINEでご紹介した、千葉・富里に居を構える『SCANIA(スカニア)』のユーザー 株式会社トランスウェブ。「発想力と情熱でお客様に感動を運ぶ」をテーマに掲げ、車両のチャーター輸送、海外製高級車の新車輸送、レーシングマシンの輸送、コンサートや演劇等で使用する音響機材・舞台装置などの輸送、海外製高級車のPDI(Pre Delivery Inspection)、そして輸送車両開発まで行っている。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

千葉・富里に居を構える株式会社トランスウェブ 東京本社。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

同社は「輸送の品質向上」をテーマに掲げ、輸送車両に徹して2018年10月現在40台以上のスカニアトラクターを所有する日本有数のスカニアユーザーである。“スカニアをチョイスしていること”が輸送品質向上の一助となるだけでなく、“スカニアのトラックで輸送するということ”も輸送される対象のイメージを向上させると考えており、目に見える高い品質の車両だけでなく、サービス、ドライバーといった「目に見えない高い品質」も追求する。依頼した品物が思った以上の高い品質で運ばれてきたら、きっと多くの人が感激を覚えるに違いない。そう、輸送は「感動」も運ぶことができるのだ。

そしてトランスウェブでもうひとつ注目したいのは、ドライバーをはじめ社員をとても大切にしていることだ。キャブが広く乗り心地に優れ、長距離でも疲労が少ないスカニアの採用はその気持ちの表れ。そのため毎年数名のドライバーをスカニアの本拠地スウェーデンまで連れて行き、スカニアに乗ってオランダなどに向けて走る「本場での運転」を体験させている。これは欧州のトラックドライバーの社会的地位がとても高いことを感じてもらい、ドライバーという仕事に誇りを持つ……ということへ繋げている。

このように枠にとらわれない発想を常に持ち、それを実行する情熱と行動力を持つトランスウェブが、なんと「オランダで引き取った新車を、そのまま自走で日本まで運ぶ」という前例のない大プロジェクトを発案し、見事達成したという一報をいただいた。そこで私たちGRIFF IN MAGAZINE編集チームは「ユーラシア大陸横断報告会」が開かれるトランスウェブ本社にお伺いした。

運送業の改革を推し進めるための“挑戦”

株式会社トランスウェブ 代表取締役社長の前沢 武氏は、今回のユーラシア大陸横断について概要を丁寧に教えてくださった。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

今回の「前例のない」挑戦を発案し、自らステアリングも握った株式会社トランスウェブ 代表取締役社長の前沢 武氏。常に新しいことにチャレンジする姿勢に、大いに感銘を受けた。

「今、トラックドライバーはなかなか集まらないのです。毎月かなりの求人広告費をかけて募集しているのだけど、『この費用で何かしら話題を作って、ドライバーを募集した方が面白いのではないか』と考えたのです。『どうぞ会社に来てください』ではなく、自らが“入りたい”と思えるようなことがしたい。それがユーラシア大陸横断をしてみようと思ったきっかけです。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

今回のプロジェクトのルートを描いたラッピングを施したスカニアトラック。道中このトラックを見た人は度肝をぬかれたことだろう。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

「私たちの業界はドライバー不足、厳しい各種規制、燃料代の高騰、環境改善対策で車両本体価格もアップするなど、そのバッドスパイラルからの出口が見えないのですが、だからこそ夢のある話題を提供したいという想いもありました。

それと、このような大胆な挑戦をするとき、『事故があったらどうする?』、『怪我したらどうする?』などネガティブな考えから入ってしまいがちですが、私がすべて責任を負うから一歩踏み込んだことをしてみよう、と。私たちはチャレンジをする会社なのだ、とアピールしたかったんです」

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

オランダ、ドイツ、ポーランド、リトアニア、ラトビア、ロシア、そして日本。計7ヶ国を渡る壮大な計画がこの国旗の数々からも伝わってくるよう。

── ヨーロッパに直接トラックを引き取りに行き、自走で日本まで回送するということは前例がないことかと思います。

「ユーラシア大陸をスカニアのトラックで横断しようなんて、普通は思いませんよね(笑)。当社で注文したこの2台はスカニア新モデルの初期ロットだったので、それを走らせればスカニアジャパンさんにも良い宣伝になりますし、データも取れる。あとスカニアは世界中にディーラーがあるので、だからこそ可能なこともあります」

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

ユーラシア陸横断に参加した、前沢氏を含めた創業初期メンバー。この挑戦は「長年、苦楽を共にしてきた仲間たちと成し遂げたいという想いから」と同氏は語る。

「スカニアは、世界でより多くの情報が共有できているメーカーです。いわば“世界スペックのトラック”なんですよね。ドライバーに対しても『島国である日本では困難な距離を一気に走っても、スカニアなら疲れない』ということもアピールできます」

そして数千kmを走ってみて燃費が約4.5km/hととても良かったこと、スカニアのキャブの広さが疲労軽減に大きく寄与することも教えてくださった。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

ユーラシア大陸を横断するために用意されたドイツの仮ナンバープレートは、日本に上陸後もつけられたまま。取材日まであえて洗車しておらず、12,000kmを走り抜いたリアルが伝わってくるよう。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

約12,000kmを4チーム交代、20日かけて走破

ユーラシア大陸横断のスタート地点は、オランダ中央部に位置する都市ベーストにあるファンエック社。ここからドイツ、ポーランド、リトアニア、ラトビア、ロシアを通り、ウラジオストクから鳥取県へフェリーで渡り、東京本社まで自走で回送した。総走行距離は日本を含めると約13,000km、ベースト〜ウラジオストクは約12,000kmだ。1チームあたり2〜3人のドライバーを配置し、A〜Dの4チームに分けてほぼ一ヶ月かけて走り抜いた。

途中、ドイツ北部の都市ハノーファーで「IAA」(国際商用車ショー)にて展示とユーラシア大陸横断出発式を行い、ロシアの都市リャザンではスカニアロシアの正規ディーラーで開催されたリニューアルイベントに参加。同じくロシア中央部の都市ノヴォシビルスクでは日本文化の交流イベントに展示されるなど、実質的な移動日は約20日。そのため、12,000kmを走り抜くためには単純計算で1日600kmという計算になる。中には800km、900kmを移動したこともあった。

ファンエック社がスタートになったのは、ここでトランスウェブ向けのトレーラーが製造され、すでに同社が発注して持ち込み済みのスカニア新モデルと連結したためだ。このトレーラーはそのまま日本でも使用できるよう、全幅2.5m、全高3.8mの日本仕様で製造されている特注品である。

人々のあたたかさと優しさ、ふれあい、熱い想いへの理解に感動

各チームの走った区間は、Aチームはベースト〜モスクワ(ロシア)、Bチームはモスクワ〜イルクーツク、Cチームはイルクーツク~ウラジオストク、しんがりを務めるDチームはウラジオストクからフェリーにて韓国を経由し鳥取港に上陸、そこから千葉・富里のトランスウェブ本社までを担当した。参加するイベントなどある程度の目的地と予定通過日は決められていたが、道中の宿はその日に辿り着いた終着点で決めることが多く、車中泊も何回かあったという。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

今回のプロジェクトには、スカニアロシアも協力している。ロシア・リャザンで開催されていたスカニアディーラーのリニューアル記念イベントに特別ゲストして参加。途中ノヴォシビルスクで日本文化交流イベントがあり、ここでも熱い歓迎を受けた。(写真提供:トランスウェブ)

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

イルクーツクのスカニアディーラーでひとときの休息を取る2台のスカニアトラック。1日あたりの走行距離は900km以上に及ぶこともあった。ロシア国内は高速道路がなく一般道ばかりだがスカニア新モデルは極めて快適で、疲れは最小限だったという。(写真提供:トランスウェブ)

言葉の壁は、スマートフォンの翻訳アプリなどで克服。しかし見知らぬ土地で困ることも多く、そんなときにも多くの人が手を差し伸べてくれた。勝手がまったくわからないロシアへの入国では、現地のドライバーがいろいろ教えてくれた。困っている人を助ける優しさは万国共通なのだ。

滞在した街や宿などでも、日本に向けて走破するというプロジェクトに興味を示し、大陸横断への熱い思いを理解してくれたことにも感激したという。中には沿道で写真を撮影に来てくれる人も!トレーラーに書かれた応援や無事を祈るメッセージに、出会った人たちのあたたかさが溢れているように感じた。異文化を知り、困った時は助け合い、行程を成し遂げてきたユーラシア大陸横断の参加ドライバーたちは、なんと素晴らしく得難い経験をしたのだろう。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

目に入る街の景色が日本にいないことを実感させる。お、目の前の交差点をスカニアが横切る!ポーランドにて。(写真提供:トランスウェブ)

1日900km以上の移動もこなしてロシア国内約10,000kmを3週間かけて踏破し、オランダを出発後25日目にはロシア東端の街ウラジオストクに到着。ここから週に1便しかないという鳥取行き定期船に車両を載せ、2泊3日の長い船旅に。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

今回踏破した各国(左からロシア、ポーランド、ドイツ、オランダ)のペナントが運転席に飾られていた。これにリトアニアとラトビア、韓国(フェリー)、そして日本が加わって計8ヶ国となる。

そして10月19日、日本にユーラシア大陸を横断したスカニア2台がついに上陸を果たした。もちろん鳥取から本社までも自走で、その距離は900kmにも及んだ。大陸横断の話を聞いていたら、出てくる単位が1日800km、総走行距離12,000kmなど大規模な数字ばかりなので、鳥取から千葉が近いとさえ思った。そのくらい、大きな大きなグランドツーリングだったのだ。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

オランダで発刊されている著名なトラック専門誌にも、トランスウェブの挑戦が紹介された。ユーラシア大陸を横断して自走で納車するという斬新なストーリーは、各地でも大いに話題になった。

もう少し詳しい大陸横断の様子は、記事末のギャラリーコーナーに写真を多数掲載しているので、ぜひご覧いただきたい。

スカニア新モデルの快適性や耐久性を発見

もう一人、実際にユーラシア大陸横断でステアリングを握った株式会社トランスウェブ 車両管理課 係長の大日野 史明氏にもお話をお伺いした。ロシアのリャザンからイルクーツクまでの約5,500km(!)を担当した大日野氏は、長距離を一気に走ってスカニア新モデルの良さを発見したという。道中で起きたいろいろなお話も合わせてお伺いできた。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

リャザンからイルクーツクまでの回送を担当した株式会社トランスウェブ 車両管理課 係長の大日野 史明氏。スカニアでユーラシア大陸を走ったご経験をお聞きした。ロシアの人たちのあたたかい人柄に感銘を受けたとのこと。

「道路はすべて一般道でした。道路状態は良かったです。それはラクでした。以前のスカニアと比べても音が静かですね。シートも乗り心地も良く、ハンドルも軽くて運転しやすかったです。視界も広くなり、遠くまで見通せるようになったのも大きなポイントですね。燃費もとても良いので驚きました。トラブルもありませんでした。1日最低でも850km乗らなければ、しかも下道、という状況では、疲れないクルマは大事ですね。それとロシアでスカニアをたくさん見たので、世界のトラックに乗っているという嬉しい気持ちがありました」

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

2台のトレーラーのうち、1台にはユーラシア大陸横断のルートと通過する国の国旗を描いた幕を掲げた。ドライバーが指を指しているあたりがイルクーツク(ロシア)で、日本はまだはるか遠い。(写真提供:トランスウェブ)

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

(写真提供:トランスウェブ)

ロシアではまだスカニア新モデルの数が少ないことから、ロシアのドライバーはとても注目しており、休憩していると話しかけられることも多かったそうだ。「警察にも街ごとで頻繁に停止させられた」とも。理由は単なる興味本位や荷物チェック。走っているうちに「今日は何回止められるかな」と、笑って受け止められるようになったという。

「ロシアは広大な敷地なので、クルマが壊れたら大変なのです。私は整備を担当しているので、仕事でもクルマが壊れてドライバーが困らないようにしたい、と思いました」

「一歩前へ進める勇気」を与えてくれるユーラシア大陸横断

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

オランダ製の完全欧州タイプのトレーラーは、同じく欧州生まれのスカニアによく似合う。トランスウェブでは今後、このトレーラーも日常の運送業務に使用する。連結全長は16.5m、幅2.5m、高さ3.8m、最大積載量は27t。

ユーラシア大陸横断──その企画名をお聞きしただけで、規模の大きさやさまざまな出来事に胸が躍った。誰でも大きなチャレンジを思いつくことはできる。でも、実際に達成する気持ちは“大人”になると忘れがちになるものだ。しかも前例のないことは、なおさら躊躇してしまう。

とはいえ、何もしなかったら、何も始まらない。大事なのは、一歩前へ進める勇気なのだ。

同社のHPでのユーラシア大陸横断報告では、その最後に「少しでも夢や希望を与えることができたのであれば、それが本当の成功と確信しております」という言葉で締めくくられている。筆者もトランスウェブのユーラシア大陸横断からその勇気を与えてもらえたように思う。そして皆さんの心の奥にある“夢やチャレンジへの勇気の種火”が、トランスウェブの挑戦を知ったことで少しでも大きくなったのなら、それをお伝えする筆者には望外の幸せである。

「この挑戦を今回限りで終わらせることはない」という前沢氏。今後もスカニアを活用したトランスウェブの大胆な発想力とアクションに注目したい。

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

長い道中で出会った多くの人々がトレーラーに貼られたキャンバスに記した寄せ書き。その多くは前途の安全を祈るあたたかな言葉だ。

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

ユーラシア大陸横断には2台のスカニア新トラクター、S410が使用された。Sシリーズはスカニア新モデルで初登場した最上級モデルで、高いアイポイントと豊富な装備を誇る。Sシリーズではキャブ内の床がフルフラットなのもトピックだ。S410のエンジンは12.74ℓの直6ディーゼルターボ「DC13」で、410ps(302kw)/1900rpmの最高出力と2350Nm/1000-1350rpmの最大トルクを発生する。平成28年排出ガス規制適合する。前沢社長は今回の大陸横断で燃費が4.5km/hを記録したことに驚かれていた。

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

Sシリーズのキャブはステップが4段あるが、その最上段には靴を置いてそのままドアを閉めることができるというTips。キャブ内で睡眠する時などに靴置き場として役立ったという。

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

無事に2台が回送されたことを受け、本社ではユーラシア大陸横断報告会が開催された。

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

報告会にはスカニアジャパンCEOのミケル・リンネル氏も駆けつけ、前沢社長は道中にあった様々な出来事を話していた。2人の笑顔が会話内容の楽しさを物語る。

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

ナンバープレートの手配、各国の交通事情調査、スカニアロシアへの連絡、通訳、ロシアへの入国、フェリーの手配……と、ありとあらゆる面において影で支えたスカニアジャパン&トランスウェブのスタッフと前沢社長。彼女たちなくしては、成立しないプロジェクトだった。

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

前沢社長を含むAチームがオランダのベーストを出発したのは9月20日。道中3日目の夜は車中泊となった。広いキャブはとても快適だったという。(写真提供:トランスウェブ)

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

9月21日、ドイツ・ハノーファーで開催された「IAA2018」(国際商用車ショー)のスカニア特設ブースで、ユーラシア大陸横断出発セレモニーが行われた。話題性の大きなチャレンジなので、各国のさまざまなメディアも取材に訪れた。(写真提供:トランスウェブ)

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

ハノーファー市街にて。美しい街の風景にモダンなデザインが馴染む。ハンドル位置が見えずナンバーがドイツであることから、まさかこのスカニアが日本向けの車両で、しかもこれから日本まで走るなどと、誰も想像ができなかっただろう。(写真提供:トランスウェブ)

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

9月25日。リャザンに向かうAチームはこの日、ポーランドからリトアニアを通ってラトビアへ向かった。約900km、11時間に及ぶドライブとなった。ポーランドを過ぎた途端に道路事情がガラッと変わり、ほとんどが一般道になった。(写真提供:トランスウェブ)

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

ロシアへの入国のために並ぶ。国境5km手前で書類確認と写真撮影が必要で、しかも提出書類に関しては、仮ナンバーの書類、請求書、回送運行の書類、製品の品質保証書類、回送依頼書、パスポート、国際免許、日本の免許などと数が多い。朝の10時に並び始め、終わったのは夜の8時だったとのこと。(写真提供:トランスウェブ)

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

モスクワからバトンはBチームに渡った。こちらは9月29日、ロシア・イルクーツクに向かうキャブ内にて。この日の走行距離は約860kmで、12時間かけて走り抜いた。隣にちらりと写るトラックの屋根高さからもSシリーズキャブの背の高さが分かる。(写真提供:トランスウェブ)

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

イルクーツクからはCチームがウラジオストクを目指してひたすら走る。約4,000kmの過酷な行程だ。10月12日、いよいよ大陸横断の終点ウラジオストクが近づくが、10月でも早朝の気温はすでにマイナスを指していた。(写真提供:トランスウェブ)

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

ユーラシア大陸を12,000kmかけて横断した2台は、10月12日にウラジオストクに到着。最後のバトンは再度前沢社長が乗り込むDチームに託された。10月17日に出港した定期船が10月19日に鳥取港に上陸した後も、もちろん自走で千葉県のトランスウェブ本社を目指した。日本でも約900kmという長旅となった。(写真提供:トランスウェブ)

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

日本に上陸したことがわかる景色に。帰国後、最初のガソリンスタンドで給油。日本国内は仮ナンバーでの走行。途中大阪と名古屋の営業所に立ち寄ってそれぞれ報告会を行ったのち、本社を目指している。(写真提供:トランスウェブ)

< スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る />

日本時間10月21日深夜、千葉県富里市のトランスウェブ本社に到着。オランダからの距離計は13,515kmを指していた。(写真提供:トランスウェブ)

Text:遠藤 イヅル
Photos:Masato Yokoyama/株式会社トランスウェブ

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

NEW

110年の歴史を誇るスカニア製バスの歴史を振り返るVOL.01〜1911年から1960年代まで〜

『SCANIA(スカニア)』は、トラックだけでなくバスの分野でも世界有数のメーカーで、これまでに納入したバスの台数は、長距離バスだけでも17万台以上にのぼります。最近では、日本各地でもスカニア製エンジンを積んだ連節バス・路線バス・二階建てバスが活躍を始めており、その姿を目にする機会が増えています。そこで今回から2回にわたり、1911年に登場して以来、2021年で110年の歴史を誇るスカニア製バスのヒストリーを、貴重な写真とともにお送りします。

Scania’s History

「居心地がよい会社」を目指す企業が選んだ、スカニアというチョイス〜有限会社吉田商事様〜

GRIFF IN MAGAZINEでは、これまで数多くの『SCANIA(スカニア)』採用企業にインタビューを行ってきた。その際に聞くことができたのは、スカニア製品がもたらす様々なメリットである。中でも、改めて注目したいのは「スカニアの導入は、ドライバーを大切に思う証になる」という点だ。愛知県豊川市に本社を置く有限会社吉田商事も、近年ドライバーのためにスカニアを積極的に採用している企業で、2021年2月現在、トラクター3台、ウイングボディのリジッドトラックを計5台運用している。代表取締役 吉田 悟氏にスカニアを導入した経緯や理由などをお聞きした。

CUSTOMER

着々と活躍の場を増やしている、北の大地のスカニア〜株式会社武藤興業運輸様・K.DASH TRANS株式会社様〜

スウェーデンのセーデルテリエに本社を持つ、世界的なトラック・バス・産業用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。日本では、2010年に設立された日本法人のスカニアジャパンによって輸入販売が行われており、その姿を目にする機会も増えてきた。2019年2月には、「株式会社滝川自工」が北海道初のスカニアディーラーに。広大で美しい風景がどこか北欧を思わせる北海道で、続々とスカニアが走り始めている。この記事では、最近新たにスカニアを導入した道内2つの企業と、活躍するスカニアの勇姿をご紹介する。

CUSTOMER

タンクトレーラー用スカニアが拓く、北海道の新たな石油製品輸送 〜北海道エネライン株式会社様〜

日々の生活で必要不可欠なエネルギー。中でも、重油・ガソリン・軽油・灯油などの石油製品は、供給が止まると生活や経済に影響を及ぼすほどの重要な生活関連物資だ。札幌市に本社を置く北海道エネライン株式会社は、その大切な石油製品輸送用車両に、『SCANIA(スカニア)』を採用。親会社である北海道エネルギー株式会社の代表取締役社長 木村 信広氏、スカニアジャパン 代表取締役社長のミケル・リンネル氏も来道した納車式のレポートとともに、北海道エネラインの皆様のお話をご紹介します。

CUSTOMER

【新年のご挨拶】難局面でも挑戦を続けたスカニアと、日本で開花しつつある「サステナビリティ」〜スカニアジャパン 代表取締役社長 ミケル・リンネル氏インタビュー〜

【新年のご挨拶】新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、これまでとはまったく違う年になった2020年。スカニアジャパンにおいても、2019年に全国を縦断して、『SCANIA(スカニア)』製品の良さを多くのユーザーに伝えたイベント「スカニアキャラバン」のような、積極的なプロモーション展開が難しくなりました。しかしその中でも、スカニアジャパンの歩みは止まることはなく、スカニア製品の日本市場での活躍が、さらに見られるようになりました。そんな激動の2020年と、明るい兆しに期待する2021年について、様々な視点からミケル・リンネル氏にお話を伺いました。

Scania Japan

安全な石油製品輸送に貢献する、日本初のタンクトレーラー用スカニア 〜株式会社コーエイ様〜

日常で何気なく使っているガソリン・軽油・灯油などの石油製品。生活していく上で、電気・水道・ガスと並んで、なくてはならない存在なのは言うまでもない。今回は、石油を運ぶのに不可欠なタンクトレーラー牽引用トラクターとして日本で初めて『SCANIA(スカニア)』を導入し、現在では6台のスカニアを持つ株式会社コーエイを訪れ、お話を伺った。

CUSTOMER