CUSTOMER

NEW
自動車輸送のエキスパートも認める、車載トレーラー用スカニアの実力 〜株式会社ヤマサ様〜

自動車輸送のエキスパートも認める、車載トレーラー用スカニアの実力 〜株式会社ヤマサ様〜

広島県広島市に本社を置く株式会社ヤマサは、スカニア(SCANIA)を10台保有。内1台はイタリアのロルフォ製車載トレーラー「BLIZZARD J1」を牽引しており、車両を活用した輸送を展開しています。スカニアを導入した経緯、ドライバーの皆さんにお話を伺いました。

CUSTOMER
二階建てバスとスカニアのはしご車が夢の共演!【後編】〜JR東海バス様のスカニア製二階建てバス「J-InterCity DD」編〜

二階建てバスとスカニアのはしご車が夢の共演!【後編】〜JR東海バス様のスカニア製二階建てバス「J-InterCity DD」編〜

前編は、スカニア製のキャブ・シャーシ・エンジンを用い、モリタテクノスが供給するドイツの「マギルス(Magirus GmbH)」がはしご車としての艤装を行なったスカニア製消防車をご紹介しました。続く後編は、もうひとつの主役であるJR東海バスのスカニア製二階建てバス「J-InterCity DD」を詳しく掘り下げてみたいと思います。

CUSTOMER
二階建てバスとスカニアのはしご車が夢の共演!【前編】〜名古屋市消防局中川消防署様のスカニア製はしご車編〜

二階建てバスとスカニアのはしご車が夢の共演!【前編】〜名古屋市消防局中川消防署様のスカニア製はしご車編〜

名古屋市中川区に本社を置くジェイアール東海バス株式会社(JR東海バス)は、2020年6月より、名古屋~東京間を新東名高速道路経由で走り抜ける「新東名スーパーライナー」に、スカニアの二階建てバス「J-InterCity DD」を導入している。今回JR東海バスの消火訓練に、名古屋市消防局中川消防署のスカニア(SCANIA)製消防車が来場するという情報を得て、取材チームは、早速名古屋市に向かった。

CUSTOMER

燃費良好で疲れが少なく、安全性も高いスカニアは看板車両としても最適 〜株式会社ウイングエキスプレス様〜

大阪府泉佐野市に拠点を構える株式会社ウイングエキスプレスは、2017年からスカニアを導入し現在は12台を保有、運用しています。社内でもモチベーションアップに繋がったという経緯と、ドライバーへのインタビュー取材を実施しました。

CUSTOMER

ドライバーズスコア100点!  スカニアの潜在能力を引き出す喜び 〜三陸運送株式会社〜

今回は、新潟県にドライバーズスコア「100点満点」を出すドライバーがいると聞いて、3台のスカニア完成ウィング車を運用する三陸運送株式会社に向かい、『SCANIA(スカニア)』も驚くドライビングテクニックに迫りました。

CUSTOMER

車両輸送のパイオニアが選んだ、車載トレーラー用スカニア 〜株式会社小山運送様〜

今回ご紹介する株式会社小山(おやま)運送は、車載トレーラー(キャリアカー)用のスカニアトラクターを運用している。そこで取材陣は、同社が車載トレーラ用トラクターにスカニアを選び、実際に使っている感想をお聞きするべく、一路、同社本社がある熊本へと向かった。

CUSTOMER

スカニアへの熱意と、スカニアがもたらす温かな企業の発展〜山建運輸株式会社様〜

GRIFF IN MAGAZINEでは、これまで数多くのカスタマーを訪問し、ドライバーやその家族を大切にする社長、活気に満ち温かく元気なドライバー、スカニアに関わる人たちの「スカニアへの熱い思い」などもご紹介してきた。そして今回 訪れた、青森県青森市に本社を持つ山建運輸株式会社も、社員を思う社長に率いられ、スカニア導入によりさらなる発展を続けている企業だった。

CUSTOMER

サステナブルな輸送のシフトに向けた最適なパートナー〜HAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社〜

日本最大規模の外食チェーンのサプライチェーンマネジメントを一手に引き受けるHAVIサプライチェーン・ソリューションズ・ジャパン合同会社 (以下HAVIジャパン) は、新たに導入する大型冷凍車に、サステナブルな輸送へのシフトをリードする企業『SCANIA(スカニア)』のトラックを採用した。納車式のレポートと併せて、HAVIジャパン 職務執行者社長 下岡 弘幸氏にお話を伺った。

CUSTOMER

「居心地がよい会社」を目指す企業が選んだ、スカニアというチョイス〜有限会社吉田商事様〜

GRIFF IN MAGAZINEでは、これまで数多くの『SCANIA(スカニア)』採用企業にインタビューを行ってきた。その際に聞くことができたのは、スカニア製品がもたらす様々なメリットである。中でも、改めて注目したいのは「スカニアの導入は、ドライバーを大切に思う証になる」という点だ。愛知県豊川市に本社を置く有限会社吉田商事も、近年ドライバーのためにスカニアを積極的に採用している企業で、2021年2月現在、トラクター3台、ウイングボディのリジッドトラックを計5台運用している。代表取締役 吉田 悟氏にスカニアを導入した経緯や理由などをお聞きした。

CUSTOMER

着々と活躍の場を増やしている、北の大地のスカニア〜株式会社武藤興業運輸様・K.DASH TRANS株式会社様〜

スウェーデンのセーデルテリエに本社を持つ、世界的なトラック・バス・産業用エンジンメーカーの『SCANIA(スカニア)』。日本では、2010年に設立された日本法人のスカニアジャパンによって輸入販売が行われており、その姿を目にする機会も増えてきた。2019年2月には、「株式会社滝川自工」が北海道初のスカニアディーラーに。広大で美しい風景がどこか北欧を思わせる北海道で、続々とスカニアが走り始めている。この記事では、最近新たにスカニアを導入した道内2つの企業と、活躍するスカニアの勇姿をご紹介する。

CUSTOMER

タンクトレーラー用スカニアが拓く、北海道の新たな石油製品輸送 〜北海道エネライン株式会社様〜

日々の生活で必要不可欠なエネルギー。中でも、重油・ガソリン・軽油・灯油などの石油製品は、供給が止まると生活や経済に影響を及ぼすほどの重要な生活関連物資だ。札幌市に本社を置く北海道エネライン株式会社は、その大切な石油製品輸送用車両に、『SCANIA(スカニア)』を採用。親会社である北海道エネルギー株式会社の代表取締役社長 木村 信広氏、スカニアジャパン 代表取締役社長のミケル・リンネル氏も来道した納車式のレポートとともに、北海道エネラインの皆様のお話をご紹介します。

CUSTOMER

安全な石油製品輸送に貢献する、日本初のタンクトレーラー用スカニア 〜株式会社コーエイ様〜

日常で何気なく使っているガソリン・軽油・灯油などの石油製品。生活していく上で、電気・水道・ガスと並んで、なくてはならない存在なのは言うまでもない。今回は、石油を運ぶのに不可欠なタンクトレーラー牽引用トラクターとして日本で初めて『SCANIA(スカニア)』を導入し、現在では6台のスカニアを持つ株式会社コーエイを訪れ、お話を伺った。

CUSTOMER

Try & Action!――スカニアが運ぶ未来への想い 〜株式会社カネヨシ〜

「スカニアの美点」である高出力・優れた燃費・乗り心地の良さ・快適性を武器に、日本国内でも着実にその台数を増やしている『SCANIA(スカニア)』のリジッドトラック。今回取材に訪れた、愛知県みよし市に本社を構える総合物流企業・株式会社カネヨシもスカニアリジッドトラックを3台運用する。同社で保有する約100台のトラックの中でも、3台のスカニアには特別な塗装を施すなど、スカニア愛に溢れる同社のみなさんに話を伺った。

CUSTOMER

重量物輸送で「スカニアだからこそできること」〜世新建設運輸株式会社〜

「スカニアでなければならない」と数多くの採用企業から大きな支持を得ている『SCANIA(スカニア)』のトラクター。今回取材に訪れた、神奈川県横浜市泉区に本社を構える世新(せいしん)建設運輸株式会社も、スカニア製トラクター導入企業のひとつである。渋谷駅前に保存展示してあった「東急5000系(初代。愛称:青ガエル)」を、「忠犬ハチ公」でゆかりのある秋田県大館市に運ぶ大役も引き受けた同社のみなさんに話を伺った。

CUSTOMER

スカニア製二階建てバスが運ぶ、貸切観光バスの新しい価値 〜有限会社オートウィル様〜

2016年以降続々と増えている、スカニア製二階建てバス。千葉県茂原市の有限会社オートウィルでも、貸切観光バスサービス事業で新たにスカニアを採用しました。そこで今回は、2月に開催されたお披露目会の模様も併せて、同社のスカニア製二階建てバスの詳細をレポートします。

CUSTOMER

スカニアだからこそ実現できた、効率的な空港間輸送 〜株式会社平野ロジスティクス様〜

兵庫県神戸市西区に本社を置き、全国に4支店・5営業所を構える株式会社平野ロジスティクスは、スカニアトラクターを納車待ちも含めると13台保有しています。主としている航空貨物輸送におけるスカニアの強みなどのお話を、ドライバーインタビューも併せてお届けします。

CUSTOMER

日本初!スカニアの活魚運搬車は日本全国、そして海を渡り海外でも走る 〜株式会社 山立水産運輸様〜

神奈川県三浦市で“活きた”まま魚を運ぶ、「活魚(かつぎょ)輸送を行う株式会社山立水産運輸が、日本初となる『SCANIA(スカニア)』活魚運搬車を導入。こだわりのポイントなどもお伺いし、活魚運搬車の仕組みに迫ります!

CUSTOMER

スカニアが支える、物流業界に吹く“新しい風” 〜株式会社優輪商事様〜

会社設立3年で保有車両数50台以上、4台のスカニアを揃えるまでに成長した株式会社優輪商事 フレッシュな考えは、まったく新しい風を吹かせることができる──と感じた。それほどに株式会社優輪商事の取材はエキサイティングだった。 […]

CUSTOMER

スカニアの強みは頑丈さと安全性。長期的な運用でコストを圧縮 〜渥美運輸株式会社様〜

三河地方から東海地区全般、そして全国に荷物を運搬する愛知県豊橋市を拠点にする渥美運輸株式会社。一般貨物はもちろん、重量物専門の重量品部では、鉄鋼製品や三菱スペースジェット(旧三菱リージョナルジェット<MRJ>)の胴体・尾 […]

CUSTOMER

東北初のスカニア製二階建てバスは、復興への夢も乗せて走り出す 〜岩手県北自動車株式会社様〜

岩手県北自動車株式会社、スカニア製二階建てバスを都市間運行に投入  2016年観光用に導入を開始して以来、『SCANIA(スカニア)』製二階建てバスは、2019年6月現在、空港アクセス便高速路線バス、短距離・中距離高速路 […]

CUSTOMER

高燃費を誇るスカニアがもたらす、大きなコスト削減効果とは 〜山岡倉運株式会社様〜

スカニア新モデルの「リジッドトラック」を日本初導入した山岡倉運株式会社 近年、宅配便の利便性は飛躍的に向上し、生活における荷物の受け取りや発送だけでなく、インターネット通販で購入した品物が翌日に宅配便で届くのはごく当たり […]

CUSTOMER

スカニアの「ドライバーを想う心」が長距離輸送をバックアップする 〜マルコー・トランスポート株式会社様〜

わずかな期間に7台のスカニアを導入した、マルコー・トランスポート株式会社に、スカニアの魅力を伺いました。故障のしにくさ、燃費の良さなど実際に体感された声をお届けします。

CUSTOMER

スカニア新モデルでユーラシア大陸横断12,000km!株式会社トランスウェブの“挑戦”に迫る

オランダから日本までの陸路、約12,000キロという途方もない距離をスカニアの新トラックで走破するというとんでもない企画に挑戦したスカニアのユーザー、株式会社トランスウェブ。走りきったドライバーにしかわからないその道程での出来事や感想についてお話を伺いました。

CUSTOMER

スカニアが持つ性能は素晴らしい“付加価値” 〜河西運輸株式会社様〜

重量物輸送や橋梁点検といった特殊業務にスカニアの車両を多数用いている和歌山の河西運輸株式会社。大型クルーザー輸送や橋梁点検といった実際の業務模様とともに、同社がスカニアに見出す利点と特徴についてお話を伺いました。

CUSTOMER