ARTICLES

NEW

スウェーデンでのEV普及状況 ~急速に普及が進む背景~

今回のグリフィンマガジンは『SCANIA(スカニア)』の母国・スウェーデンのお話をお届けします。日本もスウェーデンもよく知る現地ライターに日本との意識の違いなども交えてスウェーデンのEV(イーブイ)事情について紹介してもらいました。

Culture

燃費良好で疲れが少なく、安全性も高いスカニアは看板車両としても最適 〜株式会社ウイングエキスプレス様〜

大阪府泉佐野市に拠点を構える株式会社ウイングエキスプレスは、2017年からスカニアを導入し現在は12台を保有、運用しています。社内でもモチベーションアップに繋がったという経緯と、ドライバーへのインタビュー取材を実施しました。

CUSTOMER

2022年のスカニアジャパンは、価値ある製品とサービスを提供し、お客様とさらなる発展を目指す 〜スカニアジャパン新しいCEO、ペール・ランディアン氏にインタビュー〜

スカニアジャパンでは、2022年4月から新しいCEOにペール・ランディアン(Paer Landen)氏を迎えました。そこで早速、ペール・ランディアン氏へインタビューを行いました。日本市場への期待、2022年への抱負とともに、スカニアにおけるこれまでの経歴などもお聞きしていますので、あわせてご紹介したいと思います。

Scania Japan

スカニアジャパン直営の大阪中央ディーラーが、より快適な店舗へとリニューアル!

2021年初旬、スカニアジャパンはより充実したサービスが行えるよう、また今後の新規カスタマー増加に対応するべく、大阪中央ディーラーをリニューアルオープンしました。そこで今回の記事は、大阪中央ディーラーの新しくなったポイントを詳しくお伝えします。

Scania Japan

スカニアジャパンで働きがいと楽しさを、ディーラーマネージャーに直撃インタビュー!

今回はスカニアジャパンが直営する富里ディーラー・大阪中央ディーラーのディーラーマネージャーに、仕事内容・スカニアジャパンで働きがいを実感できるポイント・スカニアジャパンの求める人材像などを、ズバリ伺ってみました。

Scania Japan

ニーズに合わせて展開される、さまざまなスカニアトラックをご紹介!第4回 〜リジッドトラック 特装車両編〜

スカニアでは、ニーズに対応する車両分類を「アプリケーション」と称しています。今回は過去の記事から、日本市場で活躍するスカニアトラックをアプリケーションごとに分類し、ニーズに応じて導入されたスカニアの姿を、4回に分けてご紹介。いよいよ最終回となる今回は、近年、採用例が増えているスカニアリジッドトラックを用いた「特装車両編」をお届けします。

Scania Japan

ニーズに合わせて展開される、さまざまなスカニアトラックをご紹介!第3回 〜重量物輸送用トラクター編〜

スカニアでは、ニーズに対応する車両分類を「アプリケーション」と称しています。今回は過去の記事から、日本市場で活躍するスカニアトラックをアプリケーションごとに分類し、ニーズに応じて導入されたスカニアの姿を、4回に分けてご紹介。第3回は、スカニアの代名詞でもある「重量物輸送用トラクター編」をお届けします。

Scania Japan

ドライバーズスコア100点!  スカニアの潜在能力を引き出す喜び 〜三陸運送株式会社〜

今回は、新潟県にドライバーズスコア「100点満点」を出すドライバーがいると聞いて、3台のスカニア完成ウィング車を運用する三陸運送株式会社に向かい、『SCANIA(スカニア)』も驚くドライビングテクニックに迫りました。

CUSTOMER

ニーズに合わせて展開される、さまざまなスカニアトラックをご紹介!第2回 〜トラクター編〜

スカニアでは、ニーズに対応する車両分類を「アプリケーション」と称しています。今回は過去の記事から、日本市場で活躍するスカニアトラックをアプリケーションごとに分類し、ニーズに応じて導入されたスカニアの姿を、4回に分けてご紹介。第2回は、スカニアの代名詞でもある「トラクター編」の第1弾として、比較的軽量な貨物を運ぶ、一般貨物輸送・燃料輸送・コンテナ輸送などで活躍するスカニアをお届けします。

Scania Japan