ARTICLES

スカニア新モデルの試乗会を開催!重量級車両も難なく走らせ停める性能に驚き!

21年ぶりのフルモデルチェンジとなるスカニアの新モデル「NEXT GENERATION SCANIA」。昨年の東京モーターショーで新モデルが発表された際は、その洗練されたスタイルと内装に注目が集まりましたが、今回はスカニアユーザーにその性能を体感してもらうために、試乗会が行われました。

Event Report

京成バスが導入したスカニアエンジン搭載二階建てバスは、成田空港アクセスの新しい顔〜京成バス株式会社様〜

京成バスが高速バスとしては日本で初めて、スカニア製エンジンとベルギーのバンホール製車体をもつ二階建てバス(アストロメガ)を導入した。「ダブルデッカー」の愛称で東京駅〜成田空港間の路線で運行を開始した同車両のお披露目会、試乗会の様子をレポートする。

INTERVIEW

白馬・五竜スキー場にスカニア×大原鉄工所の圧雪車「RIZIN」の活躍を追う

スカニアのエンジンを搭載した大原鉄工所の新型ゲレンデ整備車「RIZIN」。2017年1月に長野県北安曇郡白馬村の「白馬五竜スキー場」導入され大活躍を見せている。今回は、白馬五竜スキー場を訪問し、実際にRIZINがゲレンデ整備に使用されている様子をレポートする。

INTERVIEW

スカニアはユーザーとともに持続可能性の課題にチャレンジする〜「ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2018 プレイベント」

スカニアはノーベル財団とインターナショナルパートナーシップを結んでおり、今年もスカニアジャパン主催により「ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2018」のプレイベントを開催された。スカニアのユーザーや国内およびスウェーデンの交通・物流を中心とした企業を招待し、「持続可能な輸送システム」についてディスカッションとプレゼンテーションの模様をお届けする。

Event

連節バスが走り出す!学研都市の新しいシンボルはスカニアエンジンを搭載 〜奈良交通株式会社様〜

スカニア製エンジンとフレームを持つ連節バス「YELLOW LINER華連」の運行がいよいよ開始!長さ18m、130名を一度に輸送できる連節バスです。今回は連節バスを2台導入した奈良交通株式会社主催の出発式を取材、そしてドライバーさんにお話をお伺いしました。

INTERVIEW

スカニアのパワフル&タフな性能は、林業用トラックに最適 〜株式会社アメリカ屋様〜

パルプ材の生産、製紙用チップ原木や用材の伐採販売など、木材業、林業全般を営んでいる、福島県郡山市の株式会社アメリカ屋を取材しました。昨年11月にスカニアのG410トラックを導入。今回は、林業業界のハイブランドメーカー「HIAB(ヒアブ)」のローダークレーンのオペレーションの模様、北欧ブランドに拘ったきっかけなどをお伺いしました。

INTERVIEW

スカニアのドライバーになることは“エース”の証! 〜株式会社ゴールド・スター様〜

運ぶ貨物は一般的な国際コンテナからボート、鉄道車両、建築資材、橋梁、ヘリコプター、レーシングカーなど多岐に渡り、アイデアによって独自開発されたトレーラーも存在するということで、横浜市戸塚区に本社を置く運送会社、株式会社ゴールド・スターを訪ねました。

INTERVIEW

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

東京で2年に一度開催される東京モーターショーは、世界有数の自動車ショーのひとつで、今年の開催で実に45回を数えます。日本のみならず世界からも注目を集めることでも知られるこの大きな檜舞台である東京モーターショーに、SCANIAの日本法人・スカニアジャパンは今回初出展を行いました。しかも、大きなサプライズも用意してくれていたのです。それは、スカニアの新モデル展示でした。

Event