ARTICLES

SCANIAはドライバーのモチベーションの源 株式会社ロジックスライン様

スカニアを導入する「大いなる価値」 日本では、乗用車における輸入車のシェアがいよいよ10%に届く勢いで上昇している一方で、バン、トラックやバスなどの商用の輸入車に関しては、街中で見かける機会はまだ多くない。輸入車の場合、 […]

INTERVIEW

九州エリア初!佐賀県佐賀市に新しいSCANIAディーラーが誕生

2017年1月28日(土)に佐賀県佐賀市の株式会社モトシマ本社でオープニングイベントとなる内覧会が開催された。当日は1月としては暖かい好天に恵まれ、会場となったモトシマ本社には数多くのお客様が訪れてスカニア製品を見て、触って、そして試乗を行い、その品質の高さや優れたデザインを確認されていた。そこで今回は笑顔がいっぱい溢れた内覧会の模様をお届けしたい。

INTERVIEW

SCANIAエンジンを積む雪上車、RIZINの組み立て現場、大原鉄工所へ

大原鉄工所とスカニアのタッグで生まれた雪上車『雷刃(RIZIN)』  2017年で創業126周年を迎える北欧スウェーデンの『SCANIA(スカニア)』は、日本国内において2010年に日本の現地法人SCANIA JAPAN […]

Product

SCANIAフランスのメイン・ディーラーへ。そこで感じた万国共通の想いとは。

前回、パリ市内のグランパレで行われた新型車のお披露目会についてのレポートをお届けしましたが、実はそのお披露目会の日の午前中、パリの『SCANIA(スカニア)』ディーラーを訪ねていたのでした。より正確にいうなら、パリ郊外の北東部。シャルル・ド・ゴール空港のすぐ南、ミトリィ・モリィにあるスカニア・イル・ド・フランスの旗艦店であり、スカニア・フランスのメイン・ディーラーとも呼べる重要な拠点です。

SCANIA World Wide

SCANIA、21年ぶりのニュー・モデル。パリで行われた新車発表会をレポート

9月22日からドイツのハノーファーで開催されたIAA(Internationale Automobil-Ausstellung)の商用車ショーで、『SCANIA(スカニア)』にとっては21年ぶりとなるトラックのニュー・モデルが正式に発表となりました。新しいシリーズである『Sシリーズ』と、2004年にデビューし、日本にも導入されている『Rシリーズ』のフルモデルチェンジ版です。

Product

夢は、SCANIAを展示するショールームを作ること 〜自興中販株式会社様〜

スウェーデンに本社を持ち、世界規模でトラック・バス・産業用エンジンを提供する『SCANIA(スカニア)』。日本では2010年6月にスカニアジャパンを設立以来、東京と大阪に直営ディーラーを設けたほか、全国各地に整備工場、販売代理店(協力ディーラー)、協力整備工場を次々と拡充していることは、このGRIFF IN MAGAZINEでも幾度かお伝えしている。特に、スカニアのユーザーが多い関東エリアには数多くのディーラーと整備工場があり、いずれもネットワークでは重要な店舗である。その中のひとつ、今回ご紹介する「自興中販株式会社(以下、自興中販)」は、埼玉県を中心としたエリアをカバーするディーラーとして盛業中だ。

INTERVIEW

西日本エリアの重要なSCANIAサービス拠点、大阪中央ディーラー

トラックやバスは、大切な商売の道具である。もちろん購入時のメーカーや車種選択に趣味や好みなどの嗜好が反映されることはあるが、純粋にそれだけで選ばれることはなかなか無いだろう。運送会社やバス会社などのユーザーはトラック・バスを購入するという投資を行い、物資や人員を運んで利益を得ている。
北欧スウェーデンのトラック・バス・産業用エンジンメーカー『SCANIA(スカニア)』も、2011年に日本の現地法人としてスカニアジャパンを設立後は日本各地に協力ディーラー・協力整備工場のサービスネットワークの拡充を進めており、2016年7月現在、全国で合計16箇所のサービス拠点を有する。このうち2箇所はスカニアジャパンによる直営ディーラーで、以前GRIFF IN MAGAZINEでお伝えした千葉県富里市の「富里ディーラー」が東日本エリアを、そして今回取り上げる「大阪ディーラー」が西日本エリアをそれぞれ管轄している。

INTERVIEW

SCANIAのドライバーになることは“優秀”の証! 株式会社 国際低温流通様

日本独自の文化や規格に合わせて、特に軽自動車とトラック・バスは日本市場での使用を主眼に設計されている傾向が強いと言える。そのため日本では海外メーカーのトラック・バスの数はまだまだ少ない。このような環境の日本の中で、北欧スウェーデンのトラック・バス・産業用エンジンメーカーであるスカニアを導入する会社には、いずれも「スカニアを選ぶ理由」がある。2016年に入ってスカニアを相次いで2台導入した、大手企業の冷凍輸送を引き受ける「株式会社 国際低温流通」(神奈川県川崎市)にも、スカニアだからこそ選ばれた、「スカニアでなければ成立しない、強く、大きな理由」が存在する。

INTERVIEW