INTERVIEW

SCANIAのドライバーになることは“優秀”の証! 株式会社 国際低温流通様

日本独自の文化や規格に合わせて、特に軽自動車とトラック・バスは日本市場での使用を主眼に設計されている傾向が強いと言える。そのため日本では海外メーカーのトラック・バスの数はまだまだ少ない。このような環境の日本の中で、北欧スウェーデンのトラック・バス・産業用エンジンメーカーであるスカニアを導入する会社には、いずれも「スカニアを選ぶ理由」がある。2016年に入ってスカニアを相次いで2台導入した、大手企業の冷凍輸送を引き受ける「株式会社 国際低温流通」(神奈川県川崎市)にも、スカニアだからこそ選ばれた、「スカニアでなければ成立しない、強く、大きな理由」が存在する。

INTERVIEW

SCANIAが運ぶ、新しい価値と「感動」。株式会社トランスウェブ

日本国内のトラック・バス市場は国産メーカーが強いことは、路上を走るトラック・バスに海外製メーカーの車両が少ないことからもわかる。日本には独自に進化した車両に関する法規があり、それに即した車両、および日本特有の気候など風土にも合わせた車両を開発しやすい。そのような海外製トラック・バスには少々特殊な環境である日本国内においても北欧スウェーデンのトラック・バス・産業用エンジンメーカーである『SCANIA(スカニア)』のトラックを大量に運用する会社がある。それが、千葉県富里市に本拠を置く『株式会社トランスウェブ』である。

INTERVIEW

サービス中心拠点・富里ディーラーに見るスカニアの企業理念

輸入車をチョイスする理由はもちろん製品やブランドの高い魅力があると思うのだが、その一方で気になるのは、やはり買った後のメンテナンスや点検整備、修理、車検、部品供給などのサービス体制ではなかろうか。

INTERVIEW

SCANIAの裏方、パーツ・セクションの今とこれから。

『SCANIA(スカニア)』はトラックやバス、エンジンなどのインポーターです。取扱製品はいわゆる「機械モノ」であり、しかも完全なビジネスユースで走行距離や稼働時間が長いわけですから、当然ながら整備や修理のためのパーツの供給体制も気になるところでしょう。

INTERVIEW

スカニアジャパンCEO、ヨハン・ルンデン氏にインタビュー。

『SCANIA(スカニア)』はこの2016年で創業125周年。その記念すべき節目の年に、スカニアと日本の皆さんをつなぐこのWEBマガジン『GRIFF IN MAGAZINE(グリフィン・マガジン)』がスタートいたしました […]

INTERVIEW