Event

スカニアの新モデル、東京モーターショーでアンヴェール!

スカニアジャパン、東京モーターショーに初出展

東京で2年に一度開催される東京モーターショーは、世界有数の自動車ショーのひとつで、今年の開催で実に45回を数えます。日本のみならず世界からも注目を集めることでも知られるこの大きな檜舞台である東京モーターショーに、『SCANIA(スカニア)』の日本法人・スカニアジャパンは今回初出展を行いました。しかも、大きなサプライズも用意してくれていたのです。それは、スカニアの新モデル展示でした。

日本はスカニアにとってたいへん大事な市場

ブースの場所は東京ビッグサイト・東展示棟の東1ホールの入り口側で、ホール間の廊下からスカニアトラックがはっきりと見えるという絶好のポジションです。広くて落ち着いた色調のスカニアの展示ブースには、スカニアトラクターのPシリーズのほかに、キャブに紺色のヴェールがかけられた2台のスカニアが並びます。まさかこの2台が新モデル!? 期待が膨らみます。

プレスカンファレンスは7月に新しくスカニアジャパンCEOに就任したミケル・リンネル氏の挨拶でスタートしました。ミケル氏は、まずスカニアが世界100カ国以上で販売され、従業員数約44000人を数えるグローバル企業であることを紹介。各地域、各市場の文化に合わせた商品展開を行っていること、スカニアが各国に提供するソリューションは画一ではないことを説明しました。そして新モデルが登場するためにとても多くのスタッフの尽力があったこと、スカニアにとって日本市場が大切であることを教えてくれました。

続いて登壇したプリセールス部 部長中井 誠氏は、日本での新モデルの発売は欧州市場に続く世界2番目でありたいへん栄誉があることであると語り、今まで以上に快適なキャビン、軽やかで安全性の高いハンドリング、さらにスムーズに素早くなった12段AMTオプティクルーズ、従来以上の低燃費、先進通信技術の搭載などの新モデルの良さをアピールしました。そして新モデルの発表にあたり、より一層のトータルオペレーションエコノミーを追求したトラックの提供、お客様とともに継続的、永続的な成長をともに果たしていく良きパートナーとしてさらなる市場拡大を目指すことを中井氏が宣言したのち、ミケル氏により新モデル公開の掛け声がかかりました。ついにスカニアの新モデル日本初公開の瞬間がやってきたのです。会場に詰めかけた人々、そして我ら取材陣は2台を覆うヴェールに注目しました。

スカニアらしさを残しつつ、全く新しいデザイン

ヴェールの下から登場したスカニアの新モデルは、美しいラベンダーカラーに彩られていました。スカニアを知る人ならば誰が見てもスカニアだとわかるデザインを持ちつつ、従来のモデルよりもエッジが立ち精悍な印象です。続いて壇上に上がったスカニア・グローバル・インダストリアル統括部門長のクリストファー・ハンセン氏は、まさしく新モデルのデザインを「特徴的でユニークなデザインを生かしつつ、現代的なクルマにすること、スカニアらしさを失わずに新しくするという仕事は大変でした」と話しました。ボディサイドのキャラクターライン、切り立ったフロントウインドウ、大きなグリルはスカニアそのものでも、たしかに新しい時代を切り開くにふさわしい斬新なスタイルを持っています。

2台並んだ新モデルのうち、向かって左のトラックはGシリーズのノーマルキャブを持つ「G360」、右は上位レインジであるRシリーズの「R500」で、G360に比べるとキャブが高いことがわかります。車は従来のモデル同様の付番方法を採用。ラベンダーカラーは新モデルのイメージカラーです。全モデルとも着座位置が従来よりも前方に移動したことで、さらに視界が良くなっています。

新モデルの詳細に興味津々!

来年発売予定というスカニアの新モデルは、一部のパーツ以外シャーシから含めて全て新しく開発されたとのことです。しかもその一部パーツとは、トラクターのリアフェンダーくらい、というのですから、その刷新ぶりがわかりますね。

従来から定評のあった静粛性はさらに向上し、シフトフィールもさらにスムーズに、燃費も良くなっているいう新モデル。どんな乗り味なのだろう?どんなところがどのように改良されたのか?どんなグレードがあるのかな?などなど、気になる詳細は追ってこのGRIFF IN MAGAZINEでご紹介していきたいと思います。続報をお楽しみに!

Text:遠藤イヅル
Photos:安井宏充

トラクターの後ろ姿の迫力は、新モデルでも変わらない。なお、新モデルでは従来天井上に装着していたキャブクーラーをキャブ下にあらかじめビルトインしている。

新モデルではトラクターと単車(キャブの後ろにすぐ荷台があるトラック)が同時にラインナップされるとのこと。

内装の質感は新モデルでもさらに高いものに。落ち着いたデザインも好ましい。

これまでP、G、Rが存在した仕様の上に、新モデルではさらに「S」シリーズが加わっている。Rシリーズでも豪華だったさらに上を行くプレミアムなモデルとなるようだ。ポイントは運転席床がフルフラットになっていること。キャブが高くないと実現できない。モックアップのため着座時の高さは実感できないものの、すでに充分に高いRシリーズよりもさらに高いと聞けば、その目線の位置が想像できる。

< />

ブースには新モデルに搭載されるエンジンのひとつ、DC13型 12.7ℓ直6 産業用エンジンが展示されていた。

< />

プレスカンファレンス終了後は、スウェーデンを代表する文化のひとつ、FIKA(フィーカ)が振る舞われた。スカニアらしい心配りが嬉しい。

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

NEW

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカを体験!美味しいお菓子とともに楽しい時間を生活の一部に

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカ。毎日の忙しさの中で、リラックスした雰囲気で会話をする時間を確保するのはとても大切なことです。コーヒーを飲みながら、お菓子を食べながら過ごす時間で新しいアイデアがうまれたりもします。今回はそんなスウェーデンのフィーカの風習をご紹介しましょう。

Culture

スカニア新モデルの試乗会を開催!重量級車両も難なく走らせ停める性能に驚き!

21年ぶりのフルモデルチェンジとなるスカニアの新モデル「NEXT GENERATION SCANIA」。昨年の東京モーターショーで新モデルが発表された際は、その洗練されたスタイルと内装に注目が集まりましたが、今回はスカニアユーザーにその性能を体感してもらうために、試乗会が行われました。

Event Report

京成バスが導入したスカニアエンジン搭載二階建てバスは、成田空港アクセスの新しい顔〜京成バス株式会社様〜

京成バスが高速バスとしては日本で初めて、スカニア製エンジンとベルギーのバンホール製車体をもつ二階建てバス(アストロメガ)を導入した。「ダブルデッカー」の愛称で東京駅〜成田空港間の路線で運行を開始した同車両のお披露目会、試乗会の様子をレポートする。

INTERVIEW

白馬・五竜スキー場にスカニア×大原鉄工所の圧雪車「RIZIN」の活躍を追う

スカニアのエンジンを搭載した大原鉄工所の新型ゲレンデ整備車「RIZIN」。2017年1月に長野県北安曇郡白馬村の「白馬五竜スキー場」導入され大活躍を見せている。今回は、白馬五竜スキー場を訪問し、実際にRIZINがゲレンデ整備に使用されている様子をレポートする。

INTERVIEW

スカニアはユーザーとともに持続可能性の課題にチャレンジする〜「ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2018 プレイベント」

スカニアはノーベル財団とインターナショナルパートナーシップを結んでおり、今年もスカニアジャパン主催により「ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2018」のプレイベントを開催された。スカニアのユーザーや国内およびスウェーデンの交通・物流を中心とした企業を招待し、「持続可能な輸送システム」についてディスカッションとプレゼンテーションの模様をお届けする。

Event

連節バスが走り出す!学研都市の新しいシンボルはスカニアエンジンを搭載 〜奈良交通株式会社様〜

スカニア製エンジンとフレームを持つ連節バス「YELLOW LINER華連」の運行がいよいよ開始!長さ18m、130名を一度に輸送できる連節バスです。今回は連節バスを2台導入した奈良交通株式会社主催の出発式を取材、そしてドライバーさんにお話をお伺いしました。

INTERVIEW