Culture

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカを体験!美味しいお菓子とともに楽しい時間を生活の一部に

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカ。毎日の忙しさの中で、リラックスした雰囲気で会話をする時間を確保するのはとても大切なことです。コーヒーを飲みながら、お菓子を食べながら過ごす時間で新しいアイデアがうまれたりもします。今回はそんなスウェーデンのフィーカの風習をご紹介しましょう。

コーヒーを飲みながら会話を楽しむフィーカ(Fika)とは?

スウェーデン語で「フィーカ(=Fika)」とは「コーヒーを飲む」という意味を持つ。フィーカが重要なのは単なる休憩ではなく、「コーヒーを飲みながら他の人と会話を楽しむこと」で、スウェーデンではこの時間をとても大切な時間であると捉え、きちんとフィーカをする時間を用意する。つまりフィーカはごく当たり前に、家庭、学校、カフェ、職場で、同僚・友人や家族、恋人と行われる。そして、フィーカではコーヒー(紅茶の時もある)とともに甘いお菓子や軽食をそえるのが一般的だ。今回は、3月10日にスウェーデン大使館で行われた「ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2018 プレイベント」の合間に行われたFika Timeをご紹介する。

フィーカではスウェーデンの伝統菓子、「セムラ」も振る舞われた。イースターの前に食べる期間限定のお菓子で、アーモンドペーストとホイップクリームを挟むパンにはカルダモン(ショウガ科の植物)が含まれているため、甘みの中にスパイシーさもあってクセになる。

フィーカ会場の黄色いサインに記された「Glad påsk!(グラード ポスク)」とは、「Happy Easter!」のこと。スウェーデンの宗教感は世俗的になったとされるが、宗教を起源とする伝統行事は多く、春の復活祭のほか6月の「夏至祭」、8月の「ザリガニ祭」、そして12月の「ルシア祭」やクリスマスなどを祝う。

セムラ以外にもスウェーデンのお菓子がたくさん振る舞われた。ただ甘いだけでなく、アクセントの効いた味のものが多く楽しめた。

フィーカの飲み物にコーヒーと一緒に出されたのが「リンゴンサフト」というスウェーデンの飲み物。昨年は「セイヨウニワトコ」をベースとした「エルダーフラワーサフト」を頂けたが、今年は「コケモモ(リンゴン)」を煮詰めたシロップを水で割った「リンゴンサフト」が提供された。爽やかな味わいが印象的。

ダーラナホース(幸せを呼ぶ馬)を型どったクッキー、どれもジンジャーが効いていて美味しい!

リラックスした雰囲気の中で会話をすると、思わぬ発見をしたり、自分でも想像しないようなアイデアがこぼれたりするので、休憩はとても大事な時間だ。先進的な工業国であるスウェーデンの製品や文化に革新性や温かみがあるのは、フィーカの風習が関わっているのではないかと思った。GRIFF IN MAGAZINEの読者の皆さんも、ぜひフィーカを実践してみてはいかがだろう。思いもよらぬ新しい発見に巡り合えるかもしれない。

Text:遠藤イヅル
Photos:YosukeKAMIYAMA

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

NEW

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック117年の歴史」VOL.04〜2000年代から現代まで〜

100年を超える歴史を持つスウェーデンのトラック・バス・産業用エンジンメーカー「スカニア」。トラックの製造を開始した1902年から振り返ってきた本連載、最終回となる第4回では2000年代から現代までの模様をご紹介します。

Scania’s History

革新の文化を継続してきた「スカニアトラック 117 年の歴史」VOL.03〜1980 年代から 1990 年代まで〜

ただいまGRIFF IN MAGAZINEで連載中の『SCANIA(スカニア)』「トラックの歴史」。第3回となる今回は、モジュラー思想が開花した1980年代、そして、現在に至るスカニアトラックのベースとなった1990年代 […]

Scania’s History

スウェーデンの夏至祭、ミッドサマー。夏の到来を祝う伝統的なお祭りをご紹介

長く暗い冬が終わり、明るい日差しがまぶしく輝くスウェーデンの初夏、新緑が美しく野花が咲き誇る、1年で最も過ごしやすく美しい季節です。卒業シーズンを迎え、学校も夏休みに入り、いよいよ夏本番。そんなスウェーデンの6月下旬、夏 […]

Culture

全国11ヶ所を巡るスカニア試乗会イベント「Scania Caravan 2019」、皮切りとなった第1回佐賀での模様をレポート

全国11ヶ所のディーラーでスカニアを体験&体感できる「Scania Caravan 2019」 1891年に創業し、スウェーデンに本社を置く『SCANIA(スカニア)』。2018年における全世界での納入数はトラックが87 […]

Event

高燃費を誇るスカニアがもたらす、大きなコスト削減効果とは 〜山岡倉運株式会社様〜

スカニア新モデルの「リジッドトラック」を日本初導入した山岡倉運株式会社 近年、宅配便の利便性は飛躍的に向上し、生活における荷物の受け取りや発送だけでなく、インターネット通販で購入した品物が翌日に宅配便で届くのはごく当たり […]

CUSTOMER

歴代のトラックとバスが勢ぞろい!スケール感あるミュージアムと伝統の社屋からスカニアの歴史を辿る

2019年で創業128年を迎えるスウェーデンのトラック・バス・産業用エンジンメーカー『SCANIA(スカニア)』。その生まれ故郷であり、スカニア本社が居を構えるスウェーデン南西の工業都市セーデルテリエには、スカニアの歴史 […]

SCANIA World Wide