Culture

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカを体験!美味しいお菓子とともに楽しい時間を生活の一部に

スウェーデンのコーヒー文化、フィーカ。毎日の忙しさの中で、リラックスした雰囲気で会話をする時間を確保するのはとても大切なことです。コーヒーを飲みながら、お菓子を食べながら過ごす時間で新しいアイデアがうまれたりもします。今回はそんなスウェーデンのフィーカの風習をご紹介しましょう。

コーヒーを飲みながら会話を楽しむフィーカ(Fika)とは?

スウェーデン語で「フィーカ(=Fika)」とは「コーヒーを飲む」という意味を持つ。フィーカが重要なのは単なる休憩ではなく、「コーヒーを飲みながら他の人と会話を楽しむこと」で、スウェーデンではこの時間をとても大切な時間であると捉え、きちんとフィーカをする時間を用意する。つまりフィーカはごく当たり前に、家庭、学校、カフェ、職場で、同僚・友人や家族、恋人と行われる。そして、フィーカではコーヒー(紅茶の時もある)とともに甘いお菓子や軽食をそえるのが一般的だ。今回は、3月10日にスウェーデン大使館で行われた「ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2018 プレイベント」の合間に行われたFika Timeをご紹介する。

フィーカではスウェーデンの伝統菓子、「セムラ」も振る舞われた。イースターの前に食べる期間限定のお菓子で、アーモンドペーストとホイップクリームを挟むパンにはカルダモン(ショウガ科の植物)が含まれているため、甘みの中にスパイシーさもあってクセになる。

フィーカ会場の黄色いサインに記された「Glad påsk!(グラード ポスク)」とは、「Happy Easter!」のこと。スウェーデンの宗教感は世俗的になったとされるが、宗教を起源とする伝統行事は多く、春の復活祭のほか6月の「夏至祭」、8月の「ザリガニ祭」、そして12月の「ルシア祭」やクリスマスなどを祝う。

セムラ以外にもスウェーデンのお菓子がたくさん振る舞われた。ただ甘いだけでなく、アクセントの効いた味のものが多く楽しめた。

フィーカの飲み物にコーヒーと一緒に出されたのが「リンゴンサフト」というスウェーデンの飲み物。昨年は「セイヨウニワトコ」をベースとした「エルダーフラワーサフト」を頂けたが、今年は「コケモモ(リンゴン)」を煮詰めたシロップを水で割った「リンゴンサフト」が提供された。爽やかな味わいが印象的。

ダーラナホース(幸せを呼ぶ馬)を型どったクッキー、どれもジンジャーが効いていて美味しい!

リラックスした雰囲気の中で会話をすると、思わぬ発見をしたり、自分でも想像しないようなアイデアがこぼれたりするので、休憩はとても大事な時間だ。先進的な工業国であるスウェーデンの製品や文化に革新性や温かみがあるのは、フィーカの風習が関わっているのではないかと思った。GRIFF IN MAGAZINEの読者の皆さんも、ぜひフィーカを実践してみてはいかがだろう。思いもよらぬ新しい発見に巡り合えるかもしれない。

Text:遠藤イヅル
Photos:YosukeKAMIYAMA

SHARE ON SOCIAL MEDIA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SCANIA JAPANの最新情報をお届けします。

NEW

スカニアは自信を持って薦められる素晴らしい製品 〜両備テクノカンパニー様〜

『SCANIA(スカニア)』のディーラーであり車両整備も手がける両備テクノカンパニーは、100年を超える歴史を有する両備グループの1社「両備ホールディングス株式会社」の社内カンパニーです。この両備テクノカンパニーがスカニアを取り扱うようになった経緯と同社の整備環境についてご紹介します。

INTERVIEW

「夢の国へ行くまで」が楽しい! JRバス関東がスカニア製エンジン搭載の二階建てバスを導入~ジェイアールバス関東株式会社様~

スウェーデンのトラックメーカー『SCANIA(スカニア)』のエンジンとシャーシを用いたヨーロピアンスタイル二階建てバスがジェイアールバス関東に導入されました。一般参加者向けの試乗会レポートとともに、その乗り心地について関係者とバスドライバーに感想を伺いました。

INTERVIEW

直径10m!巨大プロペラ輸送に活躍するスカニア〜ナカシマプロペラ株式会社様〜 

重量が100トン近くにおよぶ巨大プロペラを製造する岡山県の老舗メーカー「ナカシマプロペラ」の製造物を、スウェーデンのトラックメーカー「スカニア」の重量物輸送用トレーラーが運搬している。その迫力の輸送シーンをレポートする。

INTERVIEW

スカニアは日本市場に付加価値がある製品・サービスと新しいマインドセットを与えたい〜スカニアジャパンCEO、ミケル・リンネル氏に聞く〜

世界規模でトラック・バス・産業用エンジンを提供する『SCANIA(スカニア)』。その日本法人であるスカニアジャパンが今の日本市場にどんなアプローチを図っているのだろうか。スウェーデン出身の新しいCEOミケル・リンネル氏にお話を伺いました。

INTERVIEW

スカニアの象徴「グリフィン」が刻まれたエンブレムの歴史を辿る

スウェーデンの大型車両メーカー「スカニア」のエンブレムには、空想上の生物と言われる「グリフィン」が描かれています。北欧に息づく伝説と、そのグリフィンがエンブレムに採用された起源について徹底的にリサーチして見ました。

Heritage

風力発電用風車の巨大な部材を運ぶスカニアを追う 〜株式会社ミック様〜 

再生可能エネルギーとして注目される風力発電。その風車(風力タービン)の建設現場で、株式会社ミックのスカニアが大活躍していると聞き、静岡県御前崎市に向かった。そこに待ち受けていたのはドイツメーカー製の巨大な風車のパーツだった……。

INTERVIEW